iPhone/iPad

【iPad】ココログ for iPhone ダメだ

ココログ for iPhone、なんか使いづらかったので使っていなかったのですが、久々にチェックみたら、3月末にアップデートされている由。
ちくっと試しに使ってみましょう。

前の行に続いて
普通に改行してみる。

1行空けてみる。

htmlしてみる。


神のみこころに従ってなお苦しみに会っている人々は、善を行うにあたって、真実であられる創造者に自分のたましいをお任せしなさい。:ペテロの手紙第一4章19節


このように、キリストは肉体において苦しみを受けられたのですから、あなたがたも同じ心構えで自分自身を武装しなさい。


万物の終わりが近づきました。


1365814061672.jpg

-----

スクロールされないのでキーボードにかぶって書けないじゃないか・・・ダメだこりゃ。
ATOKに切り替えたらスクロールされた。

写真をはってみる。

目的の位置に貼れないじゃないか。
サイズも何でこんなに小さくなるの。

ダメ。全然。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【iPhone】タイマーで音楽を止められます

ときどき、寝る時にiPhoneで音楽を聴きます。

睡眠導入にもってこいなのはスザンヌ・チャーニですが、松たか子なんかも、ソフトで好きです。

でも、プレイリストの最初から聴くと、延々となり続けるので、終わりの数曲分だけにするとか、結構みみっちい聴き方をしていました。

ところが、何とiPhoneで、音楽をタイマーで止められるということを、つい昨日知りました。

しかも、純正の時計アプリでできるなんて。

iPhoneのスリープタイマーで音楽を聴きながら心地よく寝る | iPhone 研究室

タイマー終了時の動作で、鳴らす音ではなく、一番下にある「再生停止」を選んでおけばOK。

う〜ん、今まで知りませんでした。

これは使えますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【iPad】iPad用ブルーライトカットフィルム

Amazonで買った安物のiPad用液晶保護フィルムが、短期間で傷だらけになってしまいました。

やっぱり安物はダメですね。

そこで電気店に行ってみたら、こんなフィルムがありました。

目に悪いとして昨今話題のブルーライトをカットしてくれるフィルムです。

製品サイトはこちら。

iPad 2012/iPad2対応液晶保護フィルム(ブルーライトカット光沢) - TB-A12FLBLG

ブルーライトカットのサングラスは1つ持っていて、会社で使っていますが、夜iPadを使うのに家用のも必要かなと思いつつ、普段裸眼の私は、グラスをつけたり外したりはかなり煩わしいことになるだろうと思っていました。

でもこのフィルムなら、そんな煩わしさもなく、問題は解決するわけです。

2400円、少し逡巡して、買いました。(オープン価格です)

iPadに貼ってみると、薄っすらと青みがかっていて、フィルタが入っているのがわかります。

これで安心して「よるパッド」できます。

 

関連記事

【iPhone】液晶のブルーライトが目に悪い?: ねりまん's Life

【IT】就寝前のタブレットは厳禁⁉: ねりまん's Life

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【iPad】iPadでリモートデスクトップーTeamViewer

職場でも iPad をバリバリ使っております。

書類作成にはまだPCのほうが便利で速いですが、営業職の方などは、ノートPCの代わりにiPadを持ち歩くことでいろいろ便利に使えるようですね。

わたしは技術系の職場なので、普段は議事録やメモ取り、PDFをGoodReaderで閲覧、という使い方。また製品カタログを全部入れているので、参照するときは便利です。

さて、営業系でも技術系でも、iPadでリモートデスクトップをしたいときはこれでしょう。

TeamViewer HD。

           TeamViewer       
TeamViewer
      
TeamViewer HD for Remote Control
      
★★★★☆
882件の評価
      
App Store
        

個人使用は無料です。

PC側にOSに応じたソフトを入れておくと、iPadからリモートデスクトップ接続ができます。

 

以前のバージョンでは、動作が遅かったり、接続時に落ちてしまうことがあったのですが、最新版(8.0.1)ではかなり改善されています。

Win、Mac、iPad等接続できますが、ここでは業務ユースで多いと思われる、iPadからWindowsの場合を説明します。

接続

接続はiPad側から行います。

PCにインストールした時に生成されるパートナーIDと、パスワードを入力します。

パスワードは、接続毎の一時パスワードの他、固定パスワードが使えます。

自分のPCなら固定パスワードを、他人のPCなら一時パスワードを使うとよいでしょう。

 

操作方法

操作方法は2種類あります。

       
  • マウスインタラクション:マウスカーソルが表示され、これを動かして通常のPCのように操作します。
  •    
  • タッチインタラクション:タッチ操作(タップやホールド)で直感的に操作します。

キーボード入力

あとは、iPadでどこまでできるの?というのが気になるところですが、

もちろんiPadのキーボードを使えるので、メールや文章も作れますし、PCとの間でチャットみたいなこともできるでしょう。

 

altやctrlなどの特殊キーも、上の方に出てきます。さらに・・・

右上のキーボードアイコンを押すと、ファンクションキーなどの他、ctrl+alt+delのセットまで出てきますので、何かソフトをインストールして再起動なんてことも可能です。

ファイル転送

PCとiPad間でファイルの転送もできます。

これはリモートデスクトップ中ではなく、ファイル転送用に接続をします。

 

接続すると、iPad上の写真やファイル、PC上のフォルダやファイルにアクセスして、双方向でファイルのやり取りができるようになります。

えんじょい!

 

           TeamViewer       
TeamViewer
      
TeamViewer HD for Remote Control
      
★★★★☆
882件の評価
      
App Store
        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【iPhone】iPhone3GSは美しいなあ

先日の破裂事件のあと届いた、新品のiPhone3GS。

新品、まだあるんですね。

やっぱり私は、3GSの筐体が一番好きです。

この丸みとツヤ、高級感があるじゃありませんか。

でも仕様を見ると、3GSの背面ってプラスチック製なんですね。

iPhone モデルの特定

これを再び車載用音楽プレーヤーとして使うべきかどうか、悩んでおります。

また2年後とかに破裂されてもいやですし、かと言って、ないのも不便だし・・・。

同封されていた注意書きにあったように、車内に置きっぱなしにしないで、毎回取り外せば長持ちするかな。

それとも、一度も電源を入れていないiPhone3GSって、骨董的価値が出るだろうか、なんて思ったり。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【iPad】Safariで見ていたページを最速でBlogsyへ持っていく7ステップ

iPad用の最強ブログ編集・投稿ツール Blogsy の便利な機能をご紹介します。
 
普通にSafariでネットを見ていて、そのサイトをBlogsyで扱いたいことってありますよね。
そんなとき、上段のURL欄をコピーしてBlogsyを起動し、内蔵ブラウザのURL欄に貼り付けて表示、なんてしていませんでしたか。
これがなんと一発でできるのです。
 

目的

Safariで見ていたページをそのまま直接Blogsyに表示させる。
 

設定方法

 

1. Blogsyの設定画面で「Blogsyのブックマークレットを作成する」をタップします。

 

2. 下のようなページがSafariで表示されます。ここにやり方が書いてあるので、わかる方はその通りにやってみてください。以下ではこの内容を解説しています。

 

3. このページをブックマークします。

 

4. このブックマークを編集状態にします。

 

5. URL欄で、先頭から "…/?" まで("Javascript" の直前まで)をカットします。これを保存して、設定完了です。

 

6. あとはSafariでお好きなページを表示し、そのまま先ほどのBlogsyブックマークを選んでタップするだけ。

 

7. すると、あ〜ら不思議!Blogsyが立ち上がって、Safariで開いていたページが表示されます。

 

えんじょい!

Blogsy 4.1.6(¥450)
カテゴリ:ソーシャルネットワーキング,ユーティリティ
販売元:Fomola(サイズ:15.6MB)
全てのバージョンの評価: 4.5(109件の評価)

 

関連記事

【iPad】Blogsyをココログで使うには: ねりまん's Life

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【iPad】Blogsyをココログで使うには

iPad用のブログ投稿ツールで Blogsy というのを見つけて、これは便利そうだとダウンロードしました。

噂通り、最強ツールの予感。

特に内蔵ブラウザからのリンクコピー、Flickrからの写真の取り込みが便利。

対応ブログにココログは入っていなかったのですが、htmlが取れるので、それをコピーしてココログの投稿画面に貼り付けていました。

しかし慣れとは恐ろしいもので、次第にコピペが面倒になり、何とか直接ココログに投稿できないものかといろいろ検索してみたのですが、やり方がわかりません。

そんなときBlogsy関連のネット記事を眺めていたところ、ココログでBlogsyから投稿している人がいたのです。

Blogsyでテスト投稿: 宝の地図

どうやら設定のブログの選択で「Movable Type」というのを選ぶらしい、けどURLに何を入れればいいのかわかりません。

そこでコメント欄でお尋ねしたところ、快く教えていただけました。その方はココログフリーでしたが、私はココログプラスなので、アドバイスいただいた「ココログ 投稿用 API」で検索したら、ココログサポートの記事が挙がりました。

XML-RPC を利用してデスクトップクライアントからココログに投稿することはできる? | ノウハウ | 記事の投稿/管理 | FAQ一覧 | ココログサポートトップ:@nifty

 

ココログフリーをご利用の場合

https://app.f.cocolog-nifty.com/t/api

ベーシック・プラス・プロをご利用の場合

https://app.cocolog-nifty.com/t/api

 

おお、あった。

設定画面でMovable Type を選び、上記URLを入力。

URLの欄に、プランに応じたURLを入力。ユーザー名とパスワードは、自分のココログアカウントのものを入力。

これでサインインすると・・・

このように、ココログで運営しているサイトが取得されました!

これで記事を書いて、投稿するブログを選択して、「公開」。

で、この記事がこうして投稿されたわけです。

感動・・・*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

Blogsy 4.1.6(¥450)
カテゴリ:ソーシャルネットワーキング,ユーティリティ
販売元:Fomola(サイズ:15.6MB)
全てのバージョンの評価: 4.5(109件の評価)

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Blogsyから投稿テスト

Blogsyから投稿してみます。

見出し1

見出し2

見出し3

引用

うまくいったら改めてやり方を書きます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【iPhone】ハマグリ現象とB787緊急着陸ーリチウムイオン電池?

昨日のボーイング787の緊急着陸、「原因はバッテリーか」との報道です。

【B787緊急着陸】発熱しやすい国産バッテリー原因か 専門家「墜落の恐れもある」 - MSN産経ニュース

朝日新聞デジタル:米当局がB787の運航一時見合わせ、バッテリーの安全性確認必要 - ロイターニュース - 経済・マネー

「787はバッテリーのお化け」とニュースでも言っていましたが、リチウムイオン電池の危険性が改めて浮き彫りになった格好です。

先日、私のiPhone3GSが破裂し、中のリチウムイオン電池が膨らんでいたという記事↓を書きましたが、これも原理的には同じなのでしょうか。

【iPhone】iPhone3GSが破裂!「ハマグリ現象」の顛末

Wikipedia↓を見ると、発熱・発火しやすいため、電池そのものではなく、安全機構を含めた「電池パック」として流通している、とあります。

リチウムイオン二次電池 - Wikipedia

なるほど、ノートPCなどで「バッテリーパック」と言っているのはそういう意味だったんですね。

そして先日の私の記事でAppleのサポートが「バッテリーは破裂しない」と言っていたのは、このパックの安全機構が働くという意味だったと思われます。

バッテリーパックは膨らんでも破裂しない、でも膨らんだことでiPhone本体の機構が耐えきれなくなった、ということのようです。

リチウムイオン電池、高効率で便利なのはいいですが、怖いというイメージが付いてしまいそうです。

今後も「性質ですから」で済まされるのか、どうする、携帯業界。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【iPhone】iPhone3GSが破裂!「ハマグリ現象」の顛末

私がiPhoneを初めて手にしたのは3年前の2010年1月。3GSでした。4Sに機種変更して、電話機としての役目が終わってからは、自家用車内で音楽プレーヤーとして使っていました。

ところが先日、出かけた先で車に戻って見ると、何とこんな状態に。

iPhone破裂

一瞬、何が起きたのかわかりませんでした。

誰かが車内に侵入し、壊れたので慌てて元の場所に置いた・・・?としか考えられませんでしたが、よく考えてみるとそれもおかしな話で、車上荒らしなら、戻してくれることはないでしょう。

壊れてしまった悲しみに暮れながら、しかし同時に「なぜ?」というモヤモヤした気持ちとともに家に帰りました。

さて、家でもう一度よく観察してみると、落として壊れたにしては、本体周りに外傷がありません。しかも、見ていると「プシー」と音がして、何やら変な匂いが・・・あの、乾電池の液漏れのような・・・え、もしかしてバッテリー?と思って、割れた隙間から中を覗くと、バッテリーらしきグレーのパックが膨らんでいます。

ここでやっとバッテリーの破裂ということに思い当たり、「iPhone 破裂」で検索してみると、これとそっくりの写真がいくつも出ているではありませんか。

iPhone爆発事件とりあえずのまとめ

iPhoneハマグリ現象が続発

iPhone 3GSがバッテリー膨張により爆発する現象

iPhoneが立て続けに爆発、割れたガラス破片がユーザーの目に突き刺さる

「ハマグリ現象」という名前もついている・・・なるほど納得。しかし危ない。乗っていない時だったから良かったものの、もし操作でもしているときだったらと思うとぞっとします。

なお、記事の中には「iOSを5にアップデートしたせいかも」というものもありますが、私の3GSはiOS4のままでしたので、アップデートは関係なさそうです。

翌日Appleのサポートに電話して「iPhoneが破裂したんですが・・・」と言うと、さすがに慌てたらしく「えっ」と一瞬絶句していましたが、次の言葉が「お怪我はありませんでしたか」だったのは○。

「シニアアドバイザー」なる上級?のサポートに電話が回された後、状況を説明し、現品を引き取りに来てもらうことになりました。

「それで、これはどういう扱いになりますか」と聞いたところ、申し訳なさそうに「修理交換ということですと、6800円かかってしまうことになりますが・・・」「え、でもこういう状況ですし、当然無償交換だと思いますけど。」「はい、それはよくわかりますが、現品を拝見して、社内で結論を出させていただきます。」

ということで、ヤマトのお兄さんが来て、箱詰めして回収していきました。

ちなみに、珍しいので渡す前に会社の人に見せて回ったのですが、みんな一様に驚いたあと、「これでカネ取るなんて許されないでしょう」という反応でした。「自分もまだ3GS使ってるので不安」とか、「5にしてもらったらいいですよ」という声も聞かれました。

その後サポートから電話があり、「今回に限って」無償交換してくれることになったということでした。

説明としては、

・リチウムイオンバッテリーは経年劣化で膨張するものである。

・バッテリーが破裂することはない。→この意味を尋ねたところ、バッテリー自体は膨張はしても破裂はしない、ということだそうで、これは要するに「iPhoneが破裂している」を「バッテリーは破裂しない(膨張してるだけ)」に話をすり替えています。これには少し食い下がったのですが、「会社としてはそういう説明になります」の一点張り。これがAppleの公式見解なのでしょう。何だかモヤモヤした気分です。

・この種のバッテリーを使用した製品は、こうした性質があるものと了解して使用されるものである。

・iPhoneは通常1年間、Appleケアに申し込むと2年間は保証する。

・保証期間を過ぎれば修理交換は原則有料である。

・このような現象が発生するまでの期間は使用方法や頻度により違い、一概には言えない。

・今回お渡しするiPhone3GSの保証期間は3ヶ月である。

その上で、サポートの私的意見として、「私もいちユーザーとしてご心配、ご不安な点はよく理解できます」と言っていたのが精一杯のようでした。

他に被害があったわけではないのでアコギなことを言うつもりはないですし、他に被害はないので無償交換してもらえれば十分です。

ただ、保証3ヶ月と聞いて確認したのは、3GSが製造されていたのはかなり前だと思うので、受け取った新品がすぐダメになるのかということ。これに対しては、「使っている状態でということなので、それは大丈夫です」ということで、了解しました。

私は3GSの丸みを帯びた筐体にとても愛着があります。最近4Sから機種交換した5と比べても、やっぱりあれにはかなわないと思ってます。そういう記事を書こうとしていた矢先の、思わぬ事件でした。

今回のことで言っておきたい事は、

万一の場合にガラス破片が飛び散って怪我をしないように、保護フィルムは必ず貼っておくべし。

ガラスの保護ではなく、顔の保護のために。

※なお、今回のようにiPhoneが破損したためにシリアル番号がわからない場合、同期に使用していたiTunes上で知る事ができると教えてもらいました。(Macの場合)

iTunes>環境設定>デバイス とクリックして表示されるデバイスの一覧で、目的のデバイスの上にマウスポインタを置く(クリックしない)と、電話番号、IMEI、シリアル番号が書かれたチップが表示されます。

ちなみにWinodwsのiTunesでは「編集」メニューから「設定」と辿るようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)