情報

【情報】TBS Dig「ボーイング787」

昨日の「Dig」↓は、強制着陸以降取りざたされている「ボーイング787」についてのお話でした。

Dig         1月21日 「ボーイング787」:TBS RADIO 954kHz

ゲストは早稲田大学教授の戸崎肇さん、そして航空ジャーナリストの秋本俊二さん。

リチウムイオンバッテリーの役割

B787がバッテリーで飛んでいるわけではない。一旦飛び上がってしまうとエンジンで発電するので必要ない。バッテリーはメインエンジンをスタートさせるため、また駐機中の電気として、補助的なものとして使用する。B787ではそれが従来のニッカド電池から大容量のリチウムイオン電池になったということ。

原因の可能性

バッテリーから煙が出たと言っても、原因がバッテリー自体とは限らない。

       
  • 部品そのもの
  •    
  • 電気配線のやり方(手作業)
  •    
  • 接合の仕方
  •    
  • 全体の設計
  •    
  • 電池をパッケージにした際の問題
  •    
  • B787に搭載する時点でのトラブル

などいろいろ考えられる。

実際、エアバスA380にもすでに搭載されていて(小さいが)、こちらは問題になっていない。

B787で大容量になっているので、バッテリー自体というより、どこかの不具合による負荷が最終的にバッテリーにいった可能性もある。

B787の問題が解決するまで他の機体で代用すると言っても、パイロットや整備もその機体用に揃えられているし、運行には機体の申請が必要なので、他の機体があったからといって「今日はこちらに変える」という訳にはいかない。

などなど、興味深い話を聞くことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【情報】Google AdSenseの審査結果が来なかった理由

Googleの広告システムであるGoogle Adsense に申請したところ、その日のうちに「お申し込み結果のお知らせ」というメールが送られてきました。

「お客様のお申し込みの確認が一部終了しましたので、サイトに AdSense コードを配置していただけます。」

そしてAdSense管理画面にログインが出来るようになりました。

1次審査が通ったんだなと思い、そのまま2次審査の結果を待ったのですが、3週間以上待っても何も連絡がありません。

さすがに「どうなったんだろう」と思っていろいろあちこちサイトを見てみたら、審査の手順を見落としていたことがわかりました。

1.AdSenseに申請する。
2.AdSenseから1次審査終了のお知らせが来て、AdSense管理画面にログインできるようになる。
3,サイトに広告コードを貼る。(この時点では広告は表示されない)
4.AdSenseから最終審査結果が来る。
5.AdSenseが表示されるようになる。

私はこの3をやっていませんでした。><

AdSenseのヘルプ
サイトでGoogleの広告掲載が開始されるまでの時間
を見ると、このページで2の冒頭にあたる「お申し込みサイトに広告コードを挿入していただいた後」「特定のインプレッションを越えた時点で」2次審査が開始されるということで、私の場合、広告コードを貼っていなかったので、そもそも2次審査が開始されなかったということですね。

「特定のインプレッションを越えた時点で」とありますので、ある程度の記事更新やアクセスが必要なのかも知れませんが、私の場合、コードを貼ったその日の夜中に「お申し込み結果のお知らせ」が来ました。(その間、記事を1つアップし、20PVをカウントしています)

「お客様のお申し込み 2 次審査が完了いたしました。 お申し込みの審査は全て終了し、48 時間以内には広告の表示が開始されます。」

いやあ、うれしかったです。

翌朝確認してみると、無事広告が表示されていました。ヽ(^0^)ノ

!!注意!!
間違っても自分で広告をクリックしてはいけません。規約違反になります。

■まとめ

1.AdSenseの1次審査に通過したら、広告コードを取得してブログに貼り(見えませんが)、普段通りブログを更新して待ちましょう。

ブログへのコードの貼り方は、"AdSense"とブログ種類で検索をかけると見つかるはずです。

私はココログなので、下記を参考にしました。

ココログにGoogle AdSenseを表示させる方法(基本)

2. 2次審査終了までは広告が表示されませんが、広告が表示されるはずのスペースは取られるので、小さいサイズにするか、一番下などの目立たないところに配置しておくのが良いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【IT】Evernote ビジネス版が12月にリリース

Evernote、お使いですか?

生活のあらゆるシーンでのデータクリッピングに活躍するクラウドツールです。

私も日記からニュースクリッピングまで、使わない日はないのですが、たまたまサイトを覗いたら、ビジネス版がリリースされるというお知らせが。

ふうむ、確かにこれまでのEvernoteは個人向けで、他の人とのコラボレーションは(できなくはないにしても)やりにくかったんですが、とうとう企業をターゲットにし始めたというわけですね。

CEOのフィル・リービンがビデオの中で「自分たちも使っている」「中小サイズの企業向け」と言っています。

・全社員に簡単に登録・使用開始してもらえる「シンプルな登録手順」
・ノートを企業側が管理・所有する「データ所有権の使い分け」
・メモや議事録、プレゼン資料など「企業のニーズに対応」
・組織全体の使用料を一括で支払える「一括お支払い機能」
・ユーザやデータを一元管理できる「管理用機能」
・あらゆる資料を社内で簡単に共有する「従業員ディレクトリ」
・担当のカスタマーマネージャーが対応する「専任カスタマーマネージャー」
and more...

こうして見ると、いっぱしのグループウエアですね。

このサービスで「所有から利用へ」の流れがさらに加速するのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)