« ユナイテッド・シネマ豊洲 「海難1890」ターキッシュエアラインズ特別協賛試写会 | トップページ

【ライフ】KNOT AT-38

KNOTのAT-38を購入しました。国産の自動巻機械式時計です。

今の腕時計は、もう何年使ったんだろう・・
近所のディスカウント店で買った数千円のクォーツです。
特に不満はありませんし、時計マニアでもないのでそれ1つしか持ってないし、壊れるまで使うつもりでいました。
でもあの番組を見て、なんだか無性に欲しくなったのです。
そう、「ガイアの夜明け」です。大抵見てます。
あの番組を見終わった後は、いつも元気をもらえるんです。
「日本、いいじゃん!」
昔やってた「プロジェクトX」も好きでしたが、あれはすでに実績ある人や企業の経緯にスポットを当てていて、「ああ、これはこんな人たちがやってたんだなあ」という感動で見てました。
「ガイアの夜明け」も人や企業を取り上げるのは同じなのですが、割とリアルタイムだし、いつも「日本」を意識させられます。「ああ、この人たちはこんなに一生懸命仕事してるんだ、日本も捨てたもんじゃない、俺もがんばろう」と、励まされるのです。

で、前にKNOTが吉祥寺に店を出した回を見て、一度行ってみたいと思っていたところでした。
そのうち再度KNOTが出て来て、今度は国産の機械式時計を売り出したという。
機械式時計って、雑誌に広告がよく載ってますけど、なんちゃらとかかんちゃらとかのブランドで、ン十万とかン百万とか、「誰が買うん、こんなもん」と、ただの雑誌の飾りでしょと思っていたところでした。
それが、庶民にも手が届く値段で、機械式時計が買える。
シンプルなデザイン、裏返すとメカが見える魅力的な時計、何より社長のメイドインジャパンにかける熱い思いを見て、「これは買わなあかん、買うべきや」(関西人ではないが)と強く決心したのです。

しかし今の時計はまだ動いているし、他よりずっと安いとは言え、万単位の買い物を、果たして妻が納得してくれるか(庶民ですから)。

しかし、ここでタイミングの良いことに、私の誕生日が来たのです。それも50歳です。
半世紀生きました。人生「折り返し」?です。
いや、「人間50年」なら、一通り生きたと言えます。
いろいろ苦節ありましたが、何とか仕事も続いています。
これは出しても良いでしょう。
妻、納得です。
我ながら名演説でした。

かくして、めでたく到着。
シックなラッピング。
重厚な化粧箱。(某スマホの白と対照的)
そして、ああ、作り手の熱い思いのこもったAT-38。
白にしたのは、前の時計も白だったので違和感がないのと、ブルーの秒針。これ、すごい素敵。
大事にします。
もし気づいてくれる人がいたら、KNOTと、日本のものづくりを、熱く語ります。

Img_3662

Img_3663


Img_3664


Img_3666


Img_3668


|

« ユナイテッド・シネマ豊洲 「海難1890」ターキッシュエアラインズ特別協賛試写会 | トップページ

ライフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172934/64446390

この記事へのトラックバック一覧です: 【ライフ】KNOT AT-38:

« ユナイテッド・シネマ豊洲 「海難1890」ターキッシュエアラインズ特別協賛試写会 | トップページ