« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

【ライフ】罪悪感

昨日、出張先でランチは外食だったのですが、つけ麺の大盛りを頼んでしまったのです。

だって値段が同じだったし・・・ランニングしてるから大丈夫だろうと思って・・・

大盛り、麺が330g。大きなどんぶりに山盛りです。

これを見て流石に後悔。

美味しかったし、お腹もいっぱいになったのに、後悔。

ああ、中盛りにしておけばよかった。

また「お父さん」に怒られるなあ・・・

せめてもということで、20分くらい周りを歩きましたが、帰宅して体重を測ってみると、やはり昨日より一気に1kgも増えていました。

ああ、罪悪感。

コツコツ努力してるのが水の泡です。

こんな思いをしてまで、大盛りなんか食べるもんじゃないなと思いました。

測るって、意識を保つのに大事なんですね。

Medium_5332233744

photo credit: hirotomo via photopin cc

(写真は食べたお店とは関係ありません)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【本日の道端】ギヌラ #花

 

ギヌラという低木です。

ご覧のように、葉や枝が紫の毛で縁取られているという面白い木です。

「ギヌラはギリシア語のギヌ(雌)とオウラ(尾)からなり、「雌しべの尾」の意。雌しべ(柱頭)が尾のように突き出ている姿にちなみます。」ギヌラとは |ヤサシイエンゲイ

どれが雌しべかわかりませんでした・・・。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【本日の道端】パボニア #花

パボニアです。

赤い部分は副萼片(ふくがくへん)、その内側に暗紫色の萼と花弁があり、花弁の先端から雄蕊筒(ゆうずいとう)に囲まれた花柱(かちゅう)が顔を出す、とのことです。(パボニア・インテルメディア

右上の花がその花柱と思われます。

接写してみました。

 
思いの外、精緻な構造になっています。

 

なかなか見応えのある花です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ラジオ版学問ノススメ】戦闘体制の女性たち ー桐野夏生さんの回を聴く

ラジオ版学問ノススメ Special Editionは、私がいつも聴いているPodcastです。ラジオで放送しきれなかった秘蔵トークをたっぷりと楽しめます。Podcastは毎週火曜日に配信されています。

作家、桐野夏生さんの「ハピネス」(光文社)を踏まえたお話。(2013/2/24放送)

Contents

・本の紹介ーママたちの暗部
・若いママたちへの共感
・女性たちのウソと見栄
・女性の「ハピネス」とは
・デビュー20周年
・本の書き方
・今後書きたいテーマ
・思い出に残る先生

Rewords

・一旦格差社会に置かれて、外れてしまったらもう立ち上がれない、というママたちが置かれている危うさを描きたかった。

・今のママたちは、油断なく目配りしている感じがして、気の毒に思うこともある。無間地獄。常に戦闘体制でいなければならないところが厳しい。

・本当の「ハピネス」とは、「人間関係の充実」だと思う。

・「ハピネス」というタイトルだが、実は「フェアネス」について書いてある。

・3.11はショックだった。(作家として)虚構を書いているので、その虚構の地盤が崩れる思いがした。

Impression

本の内容を詳しく語ってはくれないのですが、どうやら主人公のママは夫に言いそびれた過去の秘密があり、それが原因で夫は家を出て行ったようで、そこにタワマンのママたちが絡んで、という話のようで、あまり意外性はなさそうな印象ですが、どうなんでしょう。

それにしても、ママたちの世界は、私のようなオジサンには窺い知れない、不思議な、いや、一種不気味な世界だというのは、うちの奥さんの話を聞いていても感じます。

何でそんなことでそんな風になる?というようなこと、ええっそんな人いるの?と思うことががたくさんありますから。

うちの奥さんは結構図々しい方なのですが、それでも嫌な思いをすることがあるらしいので、気の弱い人、神経質な人はほんと参っちゃうと思います。

女性は、あるある、と思いながら読むのかも知れません。

ちなみに、うちの奥さんも桐野さんのようにいつもお話を考えながら「妄想」している人なので、今回のを聞かせてみようと思います。

Book

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ライフ】Google AdSenseからPINコードの通知が来ました

Googleから郵便が来ました。

メールじゃなくて郵便!?

一体何? アカウントの停止とか・・・?

恐る恐る開けてみると、AdSenseの支払いのためのPIN設定を行うようにというお知らせでした。


 

AdSenseのヘルプによると、

「アカウントのセキュリティを確保する目的から、お支払いの前に住所を確認させていただくため、受取りのプロフィールに記載された住所に個人の識別番号(PIN)を郵送し、届いたPINをアカウントに入力していただきます。」

でも広告収入は10000円にならないと支払われないはずだが、と思ったのですが、PINが送られてくるのは1000円(日本円の場合)になったタイミングとのこと。

しかし、記載されているステップ3で[住所の編集]をクリックしても、PINを入れる場所がありません。

ググった結果、このようなQ&Aがありました。

GoogleよりPIN番号が記載された葉書が来ました。葉書に示されている通り、住所の編集をクリックしてもPINを入力する場所がありません。 - Google グループ

何かのステータスによって表示内容が変わるのかもしれません。

とにかく、お陰さまでPINを無事入力できました。

ついでに銀行口座も登録しました。

でも、10000円だからなあ。果たしていつになることやら。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【本日の道端】クロッカス #花

 

クロッカスです。

「花サフラン」とも呼ばれるので、サフランの一種なのかと思ったら、サフランがクロッカスの一種、でした。

小学生の頃に球根を植えた記憶があり、懐かしい花です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【本日のランチ】タイ料理バイキング #ランチ

目黒雅叙園でのセミナーに参加。

昼食はバンコク・オリエンタルというタイ料理のお店でバイキング。

バンコクオリエンタル・タイ料理レストラン

目黒通り沿いにあって、たまたま見つけたお店です。

ランチバイキング、1000円。

タイの焼きそば「パッタイ」、グリーンカレー、春雨炒め、インドカレー、野菜炒め、ナンにライス、ココナッツミルクなどがありました。

手前がパッタイ、奥が春雨炒め。

パッタイは西国分寺のお店で失敗したリベンジ。

お酢、ナンプラー、もちろん砂糖も入れました。

なるほど、こうして食べるものだ。

グリーンカレーと生野菜、ナン。

カレーは多分別の器に入れるべきだったんでしょう。

パッタイはお代わりしましたが、食べ過ぎないうちにやめました。

いや、美味しかった。

なお、2月28日はこの1000円のバイキングが880円だそうです。

バンコクオリエンタル・タイ料理レストラン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【トレーニング】人のフォームが気になって

土曜日は夕方走ることが多いのですが、今日は午前中、10時半頃から走ってみました。

というか、早く走りたかったんです。昨夜まで3日連続で体重が微増していたので。

まあ、体重なんて変動があるんだし、あまり日々の増減に一喜一憂しなくてもいいはずなんですけどね。

前回木曜日に40分走った足の重みが完全には取れていませんでしたが、でもまあ、とにかくまた40分間走りました。

何とか大丈夫でした。

ゆっくり目に走ったのですが、今日は1kmが7分14秒と、前回の7分30秒より速くなっていました。

夜の今頃になって、筋肉痛です。

でも体重減!(一喜一憂するなって・・・)

 

最近よく眺めているサイトです。いろいろ勉強になります。

ジョギング 初心者のための方法・効果

ランニング初心者集まれ - トレーニング方法

今日、ランニングしている女性を見かけたのですが、肩を交互に前に出して走っていました。

腕を振っているつもりなのでしょうが、肩につられて体が交互にねじれていて、あれはフォームとしてはとてもマズイんだろうな、と妙に気になってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【本日の道端】フクジュソウ #花

フクジュソウというと、雪の中で咲いているイメージがありますが、これは民家の道路ぎわで発泡スチロールに植えてあったものです。

シャキッとして、いい色あいです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ラジオ版学問ノススメ】相手は三等賞 ー西原理恵子さんの回を聴く

ラジオ版学問ノススメ Special Editionは、私がいつも聴いているPodcastです。ラジオで放送しきれなかった秘蔵トークをたっぷりと楽しめます。Podcastは毎週火曜日に配信されています。

漫画家、西原理恵子さんの「スナックさいばら」(角川書店)を踏まえたお話。(2013/2/17放送)

Contents

・本の紹介ー女の人生の取扱説明書
・若い娘が結婚相手を選ぶ困難
・女の幸せの条件
・厳しさと優しさ
・今が幸せ

Rewords

・若い女の子はできるだけ二股、三股かけてほしい。相手の悪いところを客観的に見る目ができるから。

・相手は三等賞と心得る。

・結婚はフェアトレード(等価交換)。年収500万の人と結婚したければ自分も500万稼いでおくことが必要。

・止まっていると憎しみとか悲しみが後ろから追いかけてくるから、いつも走っている。

・みんなで楽しく晩ごはんを食べるために生きている。

・大事なベスト3以外は捨てることにした、そうしないと生きていけないから。

・生まれ変わるとしてもまた女がいい。

Impression

何かトラブルがあったのでしょうか、週末になってやっとPodcastに配信されたのを待ちかねて聴きました。

かなり大変な人生を生き抜いて、「オバサン」という世界最強ポジションについた西原さんからの「ずるい生き方」、強烈でした。

確かに結婚は人間と人間が顔を付き合わせて何十年も一緒に生活するわけですから、失敗はしたくないですよね。

たまたま今日のネットニュースにあったのですが、

既婚者に聞いた、結婚してみたらどうでもよかった結婚相手の「条件」

のベスト3が、「顔が良い」「背が高い」「若く見える」というのですから、西原さんの言いたくなることもわかります。

何が幸せって、みんなで楽しく晩ごはんを食べることだというのは、多いに共感するところです。

不思議な引力を感じさせてくれるお話でした。


Book

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【本日の道端】ホトケノザ #花

 

たぶん、ホトケノザです。

この写真ではよくわかりませんが、葉が仏さんの座る台座に似ているからとのこと。

オオイヌノフグリとともに春の訪れを告げる花ということで、これも先日のオオイヌノフグリと同じ場所に咲いていました。

私には、葉っぱよりこの紫の花の方が印象的です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【トレーニング】ランニング40分

これまでのランニング時間は最長でも33分でしたが、今日は最初から40分狙いで、ゆっくり目に走りました。

40分で5.3km、1kmあたり7分30秒。

かなりゆっくりでした。

イヤホンからはテンポ良いクリスタル・ケイ。

ラン後の状態がずいぶん違います。

疲れない。

息も乱れない。

汗もそれほどかきませんでした(今晩は冷えたからかもしれませんが)。

まだ10分くらいは走れそうな心地です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【本日の道端】オオイヌノフグリ #花

オオイヌノフグリです。

小さな花ですが、道端に咲いていると結構目立ちます。

春の訪れをささやかに感じさせてくれます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【iPad】iPadでリモートデスクトップーTeamViewer

職場でも iPad をバリバリ使っております。

書類作成にはまだPCのほうが便利で速いですが、営業職の方などは、ノートPCの代わりにiPadを持ち歩くことでいろいろ便利に使えるようですね。

わたしは技術系の職場なので、普段は議事録やメモ取り、PDFをGoodReaderで閲覧、という使い方。また製品カタログを全部入れているので、参照するときは便利です。

さて、営業系でも技術系でも、iPadでリモートデスクトップをしたいときはこれでしょう。

TeamViewer HD。

           TeamViewer       
TeamViewer
      
TeamViewer HD for Remote Control
      
★★★★☆
882件の評価
      
App Store
        

個人使用は無料です。

PC側にOSに応じたソフトを入れておくと、iPadからリモートデスクトップ接続ができます。

 

以前のバージョンでは、動作が遅かったり、接続時に落ちてしまうことがあったのですが、最新版(8.0.1)ではかなり改善されています。

Win、Mac、iPad等接続できますが、ここでは業務ユースで多いと思われる、iPadからWindowsの場合を説明します。

接続

接続はiPad側から行います。

PCにインストールした時に生成されるパートナーIDと、パスワードを入力します。

パスワードは、接続毎の一時パスワードの他、固定パスワードが使えます。

自分のPCなら固定パスワードを、他人のPCなら一時パスワードを使うとよいでしょう。

 

操作方法

操作方法は2種類あります。

       
  • マウスインタラクション:マウスカーソルが表示され、これを動かして通常のPCのように操作します。
  •    
  • タッチインタラクション:タッチ操作(タップやホールド)で直感的に操作します。

キーボード入力

あとは、iPadでどこまでできるの?というのが気になるところですが、

もちろんiPadのキーボードを使えるので、メールや文章も作れますし、PCとの間でチャットみたいなこともできるでしょう。

 

altやctrlなどの特殊キーも、上の方に出てきます。さらに・・・

右上のキーボードアイコンを押すと、ファンクションキーなどの他、ctrl+alt+delのセットまで出てきますので、何かソフトをインストールして再起動なんてことも可能です。

ファイル転送

PCとiPad間でファイルの転送もできます。

これはリモートデスクトップ中ではなく、ファイル転送用に接続をします。

 

接続すると、iPad上の写真やファイル、PC上のフォルダやファイルにアクセスして、双方向でファイルのやり取りができるようになります。

えんじょい!

 

           TeamViewer       
TeamViewer
      
TeamViewer HD for Remote Control
      
★★★★☆
882件の評価
      
App Store
        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【今週の中東】2013年2/8〜2/14 #中東

【今週の中東】2013年2/8〜2/14  #中東

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【オヤジたちの80s】「セブン・ウェイブス」by スザンヌ・チャーニ

"Seven Waves"  Suzanne Ciani

80年代の私は、洋楽ポップスばかり聴いていたわけではなく、YMOを始めシンセサイザー音楽も好んで聴いていました。

そんな中、外すことができないのがスザンヌ・チャーニ、そしてそのデビュー作「セブン・ウェイブス」です。

私がこれを初めて聴いたのはNHK-FMの「サウンド・オブ・ポップス」です。

1982年のアルバムなので、30年以上前、中3か高1のときだったと思います。

その週はシンセサイザー特集で、ヴァンゲリス、冨田勲、ジャン・ミッシェルジャールなどが紹介され(すごい特集ですね)、そのうちの1回がこのスザンヌ・チャーニの「セブン・ウェイブス」でした。

心が洗われるような音楽でした。

録音したカセットを繰り返し聴き、高校の文化祭で担当したプラネタリウムの番組のBGMに、これしかないという確信をもって採用、その際にLPレコードを買いました。

その後CDも買い、現在はiPhoneにも入れています。

今でも、寝る時に流すことがあります。

本当に、素晴らしいアルバムです。

波が次から次に押し寄せ、砕けて星屑のようにキラキラと散っていきます。

メロディは大きなうねりとなって漂い、体を包み込みます。

浜辺で満天の星空を眺めながら寝そべっている、いや、波間に浮きながら揺れている、そんな夢心地の気分になります。

きっとアルファ波がたっぷり出ているのでしょう。

その後の彼女の作品も、どれも女性らしく、音楽に曲線美、やさしさ、たおやかさ、自然さが溢れていますが、このデビュー作からその感性と天性が見事に発揮されています。

この人はCM音楽や効果音などでも大変活躍している人で、英語版のウィキペディア Suzanne Ciani によると、コカコーラのボトルを開けてシュワっとする音を作ったのが彼女だそうです。

去年もアルバムを出していて、未だ現役のようで嬉しい限りです。

Discography

(参照:Suzanne Ciani - Wikipedia

       
  • Seven Waves, 1982
  •    
  • The Velocity of Love, 1986
  •    
  • Neverland, 1988
  •    
  • History of My Heart, 1989
  •    
  • Pianissimo, 1990
  •    
  • Hotel Luna, 1991
  •    
  • The Private Music of Suzanne Ciani (compilation), 1992
  •    
  • Dream Suite, 1994
  •    
  • Pianissimo II, 1996
  •    
  • A Very Green Christmas, 1997
  •    
  • Suzanne Ciani and The Wave Live!, 1997
  •    
  • Turning, 1999
  •    
  • Pianissimo III, 2001
  •    
  • Meditations for Dreams, Relaxation, and Sleep, 2002
  •    
  • Pure Romance, 2003
  •    
  • Silver Ship, 2005
  •    
  • Lixiviation, 2012

| | コメント (3) | トラックバック (0)

【本日の道端】スイセン #花

今朝の撮りたての水仙です。

塀の影の見過ごしそうな所に植えられていました。

甘い香りがしまいした。

イタリア語では「小さな茶碗」という名がついています。

うまい名前ですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【本日の道端】リナリア #花

リナリアです。

一見して「あ、ゴマノハグサ科だな」とわかりました。

赤ちゃん天使のようで、何とも言えず可愛らしいですね。

 

黄色い花は、しぼんじゃったのかな。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ジャグリング】ボール供給、難易度高し!

ミルズメスもやってますが、新しい技にも着手しました。

最終的には「キャリー」という印象的な技になります(なるはずです)が、その前段階としての「エクスチェンジ」なる技です。

片手で2個のボールを回しながら(2イン1ハンド)、そのうちの1個をもう片方の手に持っているボールと瞬時に交換する、というものです。

エクスチェンジ - Juggling Tutorial

左右の手が全然違う動きをします。一時的にではなく、継続的に。つまり左右の対称性はまったくありません。

これは難しい!(と、最初はいつも思うのですが)

右手で四角を、左手で三角を同時に書いてみてください。それの5倍くらい難しい。

右手からボールを左手に供給しなければならないのに、手が固まってしまいます。

踏み出すのにかなり「勇気」が必要なのです。

かといって、無理に放り込むと、やっぱりあさっての方にボールが飛んで行ってしまい、とても見られたものではありません。

1日目はこんな有様。

娘には

「あ、それ見たことないワザだね。」

と言われたりして、いや、まだ技になってない・・・f^_^;)

2日目は、チュートリアルに従って、左手から離す1個の行方は気にしないで、とにかく右手から供給することに専念してみました。

左手で2イン1ハンドを「1、2、3」と投げて、「4」で右側に向けて1個離脱、それと同時に右手からボールを供給。

すると、まずタイミングが合うようになり、次に供給されたボールを受け取れるようになり、とうとう2イン1ハンドが保てるようになりました。

まだ連続ではできませんが、大きな進歩です。

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

(それにしても、右手を上げっぱなしなのでかなり辛いです)

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【本日の道端】八重桜 #花 w

毎回楽しみに見ております。

はるかさん、カッコイイ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ラジオ版学問ノススメ】かいじゅうとのたたかい ー椎名誠さんの回を聴く

ラジオ版学問ノススメ Special Editionは、私がいつも聴いているPodcastです。ラジオで放送しきれなかった秘蔵トークをたっぷりと楽しめます。Podcastは毎週火曜日に配信されています。

椎名誠さんの「三匹のかいじゅう」(集英社)を踏まえたお話。(2013/2/10放送)

Contents

       
  • 三匹のかいじゅうたち
  •    
  • 「異文化」に気付く
  •    
  • 子育てと孫育て
  •    
  • 三匹の性格
  •    
  • 原発事故を通して
  •    
  • かいじゅうたちから学んだこと
  •    
  • じいじとして守っていきたいこと

Rewords

・彼らを見ていると、明日を感じる。

・子供たちに、今どういうことが起きているのかを、大人が大人の言葉できちんと伝えていくこと。

Impression

うーん、今回は微妙です。椎名さんにとっては新鮮な体験なのでしょうが、結局ただの「じいじの孫自慢」になってしまっていて、聴いていてこっちが恥ずかしくなるほどでした。まあ、当代の大作家をもただの「じいじ」にしてしまうのが、孫育ての魔力なんでしょうね。

Book

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【ライフ】アンチエインジング、アンチうつ

昨日のランニングでふくらはぎが筋肉痛。適度の負荷がかかったということですね。

ランニング、筋トレ、ジャグリングが習慣づいてきているこの頃ですが、実感している効果について書いておきます。

アンチエイジング

驚いたことに、ここ最近、白髪が減っているようなのです。

元々はもみ上げの部分にちらほらとあったのですが、今は何だか黒っぽいのです。

家族に聞いてみても、全体的に髪が黒っぽくなったという印象のようです。

髪に良い運動のしかた | 発毛のすべて

祖父も父も薄い人なので、私も諦めていましたし、面倒でお金もかかるので特にケアもしていなかったのですが、これもランニングによるアンチエイジング効果でしょうか。

意外な副産物です。

アンチうつ

現在私は心療内科に通院中で、抗うつ剤や睡眠導入剤も服用していますが、これらの習慣のせいもあるのでしょうか、症状はだいぶ改善してきています。

普段の仕事や生活は、抑え目ながらほぼ通常通りできますし、今年に入ってからは抗うつ剤も半分に減りました。

ジャグリングを始めたのは、去年の初夏、うつが再発して休業しているときでした。

ジャグリングが脳の活性化に効果があるということで興味を持ったのです。

ボール遊びがPTSD・うつ症状に効果あり!

ジャグリングで脳の「白質」に変化、英研究 国際ニュース : AFPBB News

セロトニンが出やすくなるとか、それなりの生体メカニズムがあるのでしょうが、確かに、気分が落ち込んだりイライラしているときにジャグリングをすると、スッキリするのです。

ちなみにランニングと筋トレは、直接はうつ改善のために始めたのではありません。

ランニングはダイエット目的ですし、筋トレはジャグリングの練習を効果的に行うための筋肉作りが目的です。

しかしランニングや筋トレをした後は、心地よい疲労感、達成感と共に、楽しい、嬉しい気分になります。

無論、調子がいい日ばかりではありませんが、これらが続けられているということ自体、改善効果があるということだと思います。

1に休養

2に規則正しい生活

3に適度な運動

を心がけているところです。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【トレーニング】5km 達成〜!

ランニングを始めてから約5ヶ月、初めて5km走りました。

まあ、たったそれだけのことですけど、RunKeeperからマイルストン達成のメールも届いたので、つけておきます。

ずっと3km台が続いていたのですが、2月に入ってから順調に伸ばすことができました。

今日は半分過ぎても疲労感がなかったので、いけるかと思って、少し遠回りをして距離を稼ぎました。

さすがに最後の500mくらいは足が重くなりましたが、息は上がらず、いい感じで終われました。

半年前まで5分も走れなかった自分がウソのようです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【本日の道端】エリカ #花

 

エリカです。
たくさん種類があるようですが、低木で、花の中からご覧のように黒い葯が見えることから、ジャノメエリカだと思います。
シソの実に似てませんか。
美味しそう、と思ってしまいました。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書籍レビュー】ヤコヴ・ラブキン著「イスラエルとは何か」

「ホロコースト」によってパレスティナ侵略は許容されるか? ー国際社会から看過されている暴力と反伝統的なイデオロギー  二重の植民地主義に貫かれた「国家」の正当性を問う (帯より)

「イスラエル建国物語」(メイヤ・レヴィン著、ミルトス)であまりにも美しく描かれていたイスラエルの「再建」。

しかし現代のイスラエルは、外から見ていてもどうしてもユダヤ人の理想郷には見えません。

今日のイスラエル国には、これが聖書の神を信じる民族のすることか、と思えるような振る舞いが多く見られます。小国ながら屈指の軍事国家であり、パレスチナ人に対するアパルトヘイト的な所業や威嚇の数々をどう理解したらよいのか。

ポグロムやホロコーストを経験し、やっとの思いで手にしたユダヤ人自身の国を命がけで守ろうとする、それは理解できても、本当にそれでパレスチナに与えている苦しみを、過度の被害者意識だけで正当化できるのだろうか、何かが間違っているのではないだろうか、本書ではそんなモヤモヤとした気持ちに、ユダヤ教側から一定の視座を与えているように思います。

本書の目的は次のようなものです。

ユダヤ人、ユダヤ教徒とシオニストが混同され、ユダヤ教とシオニズムが見間違えられ、ユダヤ教の伝統と民族的なユダヤ人主義が同一視され、イスラエル国の利害と他の国々のユダヤ系住民の利害とが直結させられてしまう今日の状況下、一般の目にいかに逆説的に映ろうとも、本書においては、このユダヤ教の伝統がシオニズムに突きつけてきた拒否の姿勢に最大限の重要性を付与したいと思います。そのためにはまず、宗教、民族性、ナショナリズムの三者を厳密に区別しなければなりません。(p.18)

まず、イスラエル人すべてがパレスチナ対する暴力と抑圧を是認しているわけではないこと。

彼ら(ユダヤ教徒の反シオニスト)はまず、ユダヤ人、ユダヤ教徒の皆が皆シオニストであるわけではなく、その皆が皆、イスラエル国に自己を同一化したり、その国家がユダヤ人全員の名のもとに繰り広げている行動を容認しているわけではないということを全世界の目にはっきりと示したいと思っています。

ではそのシオニストとは何か。本書はその意味について論考しています。

シオニズムによって建国されたイスラエルは、正統的なユダヤ教徒たちの国ではない。古代イスラエルと今日のイスラエル国は別物である。(帯より)

この主題を、本書は冷静かつ分析的に論述しています。

シオニズムがイスラエル建国思想の中核であることは歴史の常識ですが、それが徹底的な非宗教化の営みであったという衝撃。

言語も、「イスラエルの地」そのものも、ユダヤ教の伝統に連なる人間としての意識を高めることには寄与せず、逆に一部の観察者が認めたように、「脱=ユダヤ教化」がこれほど徹底して進行した場所としてイスラエルをおいてほかにないといわれるまでになったのです。(p.123)

ユダヤ教的な見方でいえば、離散せられている状況とは、「どこかの物理的な場所から追放されてしまうことよりも、神との間に接点を見失ってしまうことを意味するもの(p.159)」であり、パレスチナの地に人為的に国家を作るなどということは、しかもそれが非宗教化したシオニズムによってであることは、許されないことだと言うのです。

トーラーとその戒律を打ち捨てた状態で<かの地>に住むことがいかに危険な業であるか(p.157)

とあるように、ユダヤ教の立場からは、シオニズムは嫌悪すべき所業であったのです。

また本書では、非宗教的シオニズムが近代のジェノサイド(ユダヤ人迫害)の結果として起こったものではなく、逆に「それが反ユダヤ主義の活性要因になっているのではないか(p.241)」という見方、そしてまた、「イスラエル国がユダヤ人ジェノサイドという強力なカードを濫用してきたのではないかと考える向きも出てきた(p.201)」ことを紹介しています。

ではいかにすべきなのか。

ユダヤ教・反シオニストたちは、イスラエル国を一つのあるまじき誤謬とみなします。そして、唯一可能な解決は、ユダヤ、アラブ現地住民の双方の意志に反して、つまり神の意志に反して獲得された国家主権を放棄し、以後、ユダヤの名のもとに政治行動を一切しないことであると考えるのです。イスラエル国の存在そのものが神への冒涜であり、ユダヤの民にとっての最大の危険要因である以上、それを廃棄にいたらしめるのは当然のことと彼らの目には映っているのです。(p.229)

文章は平易ではありませんし(特に最初の3章は何を言っているのか掴みづらい)、見慣れない熟語が出てきて読みづらい印象を持ちましたが、4章からは、言いたいことがはっきりしてきて、引き込まれるように読めました。

イスラエル国を成り立たせているシオニズムの性格と、それに対するユダヤ教徒の視点を知るのに、大変勉強になる一冊です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【本日の道端】妙覚寺の梅、咲き始め #花

私的には隠れた梅の名所だと思っている、近所の妙覚寺に立ち寄ってみました。

正面の梅の木には蕾がついていました。

もうすぐだなあと思って、反対側に回ってみました。

すると・・・

おお、1本だけ、一足先に咲き始めています。
得した気分。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【iPhone】iPhone3GSは美しいなあ

先日の破裂事件のあと届いた、新品のiPhone3GS。

新品、まだあるんですね。

やっぱり私は、3GSの筐体が一番好きです。

この丸みとツヤ、高級感があるじゃありませんか。

でも仕様を見ると、3GSの背面ってプラスチック製なんですね。

iPhone モデルの特定

これを再び車載用音楽プレーヤーとして使うべきかどうか、悩んでおります。

また2年後とかに破裂されてもいやですし、かと言って、ないのも不便だし・・・。

同封されていた注意書きにあったように、車内に置きっぱなしにしないで、毎回取り外せば長持ちするかな。

それとも、一度も電源を入れていないiPhone3GSって、骨董的価値が出るだろうか、なんて思ったり。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ラジオ版学問ノススメ】複線人生を行く ー福原義春さんの回を聴き直し

ラジオ版学問ノススメ Special Edition、今週の坂田明さんの回は、ミジンコの話は面白かったのですが、後半の人生論のところは今いちノリきれなかったので、以前に聴いた福原義春さんの回(2011/1/25放送)を聴き直し。

最初から最後まで含蓄のある言葉を聴かせてくれる、学問ノススメの中でも私のイチオシの回です。

仕事だけの人生ではなく、いろんな興味を持って人生を「複線」化して歩もうではないか、切り替えることがリフレッシュにもなるし、寧ろそれらがいい相互作用を生みだしていく場合が多い、というお話。

福原さんの読書法は「ながら読み」。半日とって「さあ読むぞ」と意気込んでも、意外と集中できないようで、いつも本を傍に5、6冊置いておき、通勤時やスキマ時間に好きなものを読むそうです。

私も2010年ごろから読書量が増え出しましたが、根が真面目?なせいか、1冊を読み終わってからでないと次にいってはいけないような気がしていました。

でも、この福原さんの話を聞いて、「同時並行でもいいんだ」と納得してから、興味ある本はどんどん手を出していくようになりました。

今はいつでも、枕元に読みかけの本が積んであります。

私の通勤は10分歩き、10分電車、乗り換えて10分電車、会社まで10分歩き、という刻みなのですが、電車の20分が結構読めるんですよね。

少しずつでも、毎日のスキマ時間を積み重ねれば、無視できない量になります。

まあ、iPhoneでニュースを読んでいることも多いんですけどね。

そうそう、最近入手したこのニュースアプリ SmartNews は、データをダウンロードするので電波の弱いところでもニュースが読めるんです。

タイル状の見出しもなかなかGoodです。

           Gocro, Inc.       
Gocro, Inc.
      
話題の記事がサクサク読める 〜 SmartNews(スマートニュース)
      
★★★★★
4878件の評価
      
App Store
        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【本日の道端】カランコエ咲き誇り #花

先日【本日の道端】カランコエ でご紹介したカランコエがほぼ満開です。

美人さんがいっぱいで、華やかですね。

 

蕾のものもあり、徐々に咲いていく様子を眺められました。

 

 

よく見ると、葉も多肉質っぽくて特徴的です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【本日のランチ】 鯖の頻度が高い

【本日のランチ】 鯖の頻度が高い
社食です。

今日は照り焼きですが、塩鯖だったりと鯖の出現頻度が高い気がします。
今安いのかな。

小松菜のお浸し
ワカメサラダ
鯖の照り焼き
豚肉と厚揚げの炒め物
モヤシの味噌汁
小ご飯

合計399円!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ラジオ版学問ノススメ】命が透けて見える ー坂田明さんの回を聴く

ラジオ版学問ノススメ Special Editionは、私がいつも聴いているPodcastです。ラジオで放送しきれなかった秘蔵トークをたっぷりと楽しめます。Podcastは毎週火曜日に配信されています。

ミュージシャン、坂田明さんの「人間とミジンコがつながる世界認識 私説 ミジンコ大全」(晶文社)を踏まえたお話。(2013/2/3放送)

Contents

・本の内容
・ミジンコとの出会い
・ミジンコとはどういう生き物か
・ミジンコのどこに惚れたのか
・ミジンコが音楽に及ぼす影響
・音楽とは
・今の社会について
・今年の予定
・思い出に残る先生

Rewords

・ミジンコは通常メスだけで増える、つまりクローン。でも環境が悪化するとオスが出現して交尾して卵を産んで休眠する。

・ミジンコをコップに入れてかざして虫眼鏡で見ると、宇宙が見える。

・体が透けているので、顕微鏡で400倍くらいに拡大すると、排卵しているのが見える。命そのものが透けて見えるのに感動した。

・サイレントであるところに神秘がある。

・音楽には娯楽の要素と祈りの要素がある。

・客観的などというものは存在しない。すべての人の認識の仕方には違いがあることを前提として、全体として一体となっていることだけはわかる、それでいい。

・自分は音楽をやることが目的ではない。生きること、人間であることが目的。

・俺は北極星を目指して生きているんだ。

Impression

前半はミジンコ、後半は生き方のお話。

ミジンコがメスだけでクローンで増えるという驚きの事実など、「へぇ」を連発する面白い内容でした。

ミュージシャンの傍で、私説にしても「大全」と名のつく本が出せるほどで、その道の学会からも認められているという博識ぶりは尊敬します。

見ていると時間を忘れるというミジンコの魅力は、生命の活動が文字通り透けて見えること。血球や、排卵の様子、心臓の動く様子が見えると言うのですから、そりゃあ面白そうです。

そう言えばファーブルも、地道な観察によって歴史に残る仕事をしたことを考えると、正に「好きこそ物の上手なれ」ですね。

心から熱中できるものを持っている人は強いな、と思います。

時々突拍子もない言い回しが出てきて蒲田さんがあぜんとしたりして、楽しいお話でした。

Book

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【本日のランチ】 肉系仕出し弁当 #ランチ

【本日のランチ】 仕出し弁当 #ランチ
都内某所で学生も交えた作業のお仕事。

お昼は仕出し弁当が出ました。

肉ばっかり。若者向けでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ライフ】読書するなら厚い本から - 日経BO記事より

日経ビジネスオンラインで、面白い記事がありました。

日常会話のコンテンツは、読書で蓄積する:日経ビジネスオンライン

全文を読むのには会員登録が必要なのですが、要点だけ。

英語ができても、中身、コンテンツがなければそもそも会話できないでしょ、という流れの話です。

  • 相手とコミュニケーションを取るコツは、相手の興味あることをストレートに聞いて、その話をする。
  • それを支えているのが、この著者の場合、多読乱読の読書。
  • 何か知りたいテーマができたら、図書館に行き、関連書籍を全部読む。これで相当知識がつく。

ここまでは、(自分でそこまでやらないにしても)そうだろうなと思いますが、特徴的なのはその読み方。

その時、本を読む順番というのがあります。一番最初に読むべきはどんな本か? 普通は、薄い入門書から、と思うでしょう。私の場合は違います。必ず「厚い本」から読むのです。で、最後に薄い入門書にたどり着く。薄い入門書は、要するに厚い本の要約です。先になんの手がかりもなく厚い本を読んだあとに、薄い入門書を読めば、詰め込んだ知識が一気に体系化する。(中略)ちなみに、薄い本だけをいくら読んでも知識はつかないし、ましてや知識の体系化もできません。まさに勉強に王道なし、なのです。

何かについて知りたいとき、「○○入門」「誰でもわかる○○」なんていうのに手が伸びてしまいますが、厚い本から読むというのは、逆転の発想、目から鱗、でした。

試してみる価値はありそうです。

Medium_2126955281

photo credit: chany14 via photopin cc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ライフ】46歳はいちばん・・・

46歳と中性脂肪

Facebookの画面上にこんな広告が載ったのですが、私が46歳ということを知って載せているのでしょうかね。

46metabo

そりゃあ、生年月日情報とRunKeeperからの投稿を組み合わせれば、こんなの簡単に出せるとは思いますが・・・。

でも45歳の人には「45歳が1番・・・」と言ってたら嘘広告ですから。そんな広告、見ませんでしたか?

「46歳 中性脂肪」でググってみても、「46歳です。中性脂肪で悩んでいます」というのばかりで、一番なくなるなんて研究結果は出てこない。

それどころか、「46歳は一番不幸」なんていう記事がずらっと見つかる始末。

46歳の生き方

イギリスの経済紙「エコノミスト」にそういう研究記事が載ったのが発端のようで、これを踏まえた論説が繰り広げてられていました。

なぜ、46歳が人生で一番不幸なのか 「暮らしとマネー」のナゾ-期待実現度:PRESIDENT Online - プレジデント

原因

40代はバブル時代に会社へ入り、先輩たちを見て「自分もあのくらいになる」と期待を持っていたが、バブル崩壊を迎え、現実はそうならなかった。経済のよい時期と悪い時期のちょうど狭間に位置したために、高い期待と厳しい現実のギャップが生じ、期待外れ感が強いのである。

解決法

では、40代は今後どう生きていけばよいのか。人によってそれぞれ幸福感をもたらす要素は異なる。それは子供と一緒に遊ぶ時間かもしれないし、大切な仲間との山登りや小旅行かもしれない。

同じくPREGIDENT Onlineで、別の記事もありました。

検証!なぜ人は46歳が一番不幸なのか 日本人の自殺率は先進国の中では最高……:PRESIDENT Online - プレジデント

原因

日本では価値観の転換がうまくなされていないように感じます。日本で40代半ばといえばバブル世代ですが、いまだに右肩上がりの感覚や生活習慣を忘れられない人は多いようです。「自分はこのままでいいのだろうか」という漠然とした不安を感じながらも、何をどう変えればいいのかわからないから問題を先送り。これが、年齢とともに幸福度が下がり続ける理由なのではないでしょうか。

解決法

それでは、こうした不幸スパイラルから抜け出すにはどうすればいいのか。まずは「人生の棚卸し」と「人生設計」から始めるといいでしょう。そのためには、「35歳くらいで郊外に一戸建てを買う」とか、「老後は田舎に引っ越して蕎麦を打つ」といったマスコミによってつくられたステレオタイプな考え方から脱却しなければいけません。横並びの思考停止状態では不幸になるばかりです。そもそもバブル世代の人たちは、人生設計をしたことのない人がほとんどでしょう。将来に対する不安を感じているなら、何が問題なのかを明らかにすることで、どうすれば幸せになれるのかという目標設定ができるはずです。

つまりは、昇給と終身雇用、年金をアテにした人生設計はもう通用しないと言うことですね。

まあ、それはわかっているんですが、では「人生設計」自体が果たして有効なのかは大いに疑問です。これは先日の「ラジオ版学問ノススメ」

【ラジオ版学問ノススメ】楽しそうな方を選ぶ ー古市憲寿さんの回を聴く: ねりまん's Life

で、古市さんの考え方が「将来性」からはかけ離れていたことにも現れていると思います。

見通しが立たない時代と言っておきながら「人生設計」を言うのは、元の木阿弥のよう思います。

そんな記事の中、サイボウズの営業・マーケティング本部フェローという野水克也氏の記事は読み応えがありました。

変わる働き方とマネジメント-クラウドとグローバル化が40代を襲う:マイナビニュース

ここでは、日本経済が弱くなった原因は円高、グローバル化、それになんとIT化だと言い切ります。

IT化はこれらの変化を破壊的にスピードアップして、地域産業を国際競争に晒し、勘や経験という年数ではなく、ビジネスモデルやメソッドといった従来と違うビジネスやワークスタイルを求め、ITリテラシーの有無によって、ビジネススキルに大きな差ができるようになり、年功序列の価値観をひっくり返そうとしています。

一方高齢化社会は、労働者の高齢化、共働き化も引き起こします。野水氏はそのリスクについてこう述べます。

家庭におけるトラブルの勃発は人生において一大事であり(それは今も一大事ではありますが)、想定外の出来事だったのに対し、50代でも60代でも最前線にいる環境が普通になった現在では、勤続しつづけられない状況が来ることは人生の計算に必ず入れるべきファクターであり、それは親の介護という問題のみならず、自分自身の健康とも相談する事態になってきています。

そして、これを解決するには何が必要か。

(若い人が)会社の成長とは別に、自分の道を探す方法が存在し、24時間戦わなくても成長して暮らして行ける人生設計を考えるのはごく当然であり、それが可能な会社に入ろうと思うのは自然の流れです。

ここでも「人生設計」が出てきました。結論を見てみましょう。

ちょっと乱暴な言い方になりますが、従来のワークスタイルや労働観のまま逃げ切れる50代に代わって、今まさに会社の中核になりつつあるのは40代です。極端に言えば、40代が「変われないうちの会社」と嘆くのは、下の世代からすると責任放棄の無責任という見方になりますし、魅力的な労働環境は40代が率先して提供すべきなのです。(中略)部下を変えるより、まずは自分を変えてみる。自分を変えるためには、仕事をする環境、そして入ってくる情報を変えてみることから始めましょう。

先の「検証!・・」とこちらの記事の両方「人生設計」という言葉が出てきますが、前者が「自分の人生設計」のことを言っているのに対し、後者は「若い人の人生設計」のことを言っています。そして後者は、若い人のために40代が会社を変えるべし、と言っているのです。

どちらが幸福な40代の過ごし方なのか、よくよく考えさせられる記事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【本日の道端】モクレン(芽)#花

先週は暖かな日があって、このまま春かと思いきや、また今週は寒くなりました。

春を待つ木の芽たちも、暖かなコートで覆われています。

数種類のモクレンの芽です。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【本日のランチ】 最近のランチのパターン

【本日のランチ】 最近のランチ

最近のランチはこんな感じ。

生野菜サラダ、野菜の小鉢(今日は青菜とザーサイ)、魚(今日は塩鯖)ともう一品(今日は茄子と里芋のそぼろあんかけ)。
ご飯は小さいお椀。

これだとお腹はいっぱいになって、カロリーはそう高くないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【本日の道端】ギョリュウバイ #花

檉柳梅です。

とはいえこれも梅ではなく、葉が小さいのが檉柳という木に、ピンクの花が梅に似ているという二重の借り物の名前です。

名前はともかく、なんとも艶やかな花ではありませんか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ジャグリング】3ボールカスケード

練習の参考にしているサイトがいくつかありますが、KingsCascadeというサイトは、独自のアニメーションを使って段階的に解説してくれているので、とても参考になります。

試しに3ボールカスケードの項を翻訳してみます。

Cascade: KingsCascade.com

(アニメーション1)これは多くのジャグラーが最初に習得する、基本的なジャグリングパターンだ。左右交互に、編み物のように投げるパターンで成り立っているよ。

 

(アニメーション2)ジャグリングをするのがまったく初めてなら、最初の練習はボール1個だけ投げて取るのがいいね。ボールを頭の高さまで投げ上げ、反対の手に渡すんだ。両手とも練習することを忘れないようにね。

(アニメーション3)1個のボールで投げて取るのを安定してできるようになったら、2個に挑戦してみよう。ボールを両手に1個ずつ持つ。最初のボールを、これまでの練習と同じように投げる。ボールが頂点に来たら、もう一つのボールを、最初のボールが落ちてくる内側を通るように投げ上げる。

(アニメーション4)こうならないようにしよう。最初のボールはいいんだけど、2個目のボールを投げ上げずに、他方の手に直接渡してしまう。これはジャグリングの初心者がやりがちな間違いだ。

(アニメーション5)さあ、ボールを3個にする準備はできた。利き手にボールを2個持ち(右利きなら右手)、反対の手に1個持ってスタートだ。利き手側から最初の1個を投げ上げる。頂点に来たら、反対の手にある次のボールを投げる。それが頂点に来たら、最後のボールを投げ上げる。あとは最初から繰り返せばいいんだ。

焦らないでね。ボールを次々と急いで投げる必要はないよ。パターンのペースを落として、ボールが落ちてきて手に収まりかけるのを待ってから次のボールを投げても構わないんだ。ボールを高く投げるほど、時間も作れるけど、正確に投げ続けるのは難しくなる。あるいは、投げるたびに取るのがだんだん前のほうにいってしまうかもしれないね。その場合、壁やベッドの前で練習してみよう。こうすると、うまく投げられるようなるよ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【オヤジたちの80s】ハードロック・ヘヴィメタル 7選

ドリルスピンのコラム↓でハードロックの記事なんぞを見てしまったので、また 80s 熱が出てきてしまいました。

第55回:洋楽ハード・ロック入門編10選 | DrillSpin Column(ドリルスピン・コラム)

80sでのハードロックはヘヴィメタルとも呼ばれて、ポップチャートに現れてくる曲も多かったですね。

イメージとしては、ハードロックは低音のヴォーカルにタイトなリズム、ヘヴィメタルは高音のヴォーカルに速いリズム。エレキギター主体のサウンドは、前者が「ギラギラ」、後者が「キラキラ」という印象がありますが、一般に明確な区別はないようです。(ちなみに音楽評論家の広瀬和生さんの話では、ハードロックがパンクロックの台頭によって一旦廃れたあと、装い新たに再到来したのがヘヴィメタルだそうです。:参照「ラジオ版学問ノススメ」2011/7/5放送回)

ここではドリルスピンコラムの向こうを張って、当時洋楽チャートを賑わしていた曲を集めてみました。

(さすがにこの年になると全然聴きませんけど・・・若かったなあ。)

 

       
  • KISS  "I was made for loving you"  1979

純真な少年だった私に鮮烈な印象を残した伝説のグループ。よっぽど悪魔的な歌い方をするのかと思っていたのですが、初めて聴いたこの曲は意外にもメロディアスでマトモでした。

 

       
  • Whitesnake  "Don't Break My Heart Again"   1981

ロック魂を感じさせる堅実な一曲。

 

       
  • Quiet Riot  "Cum on Feel The Noize"  1983

PVは家がメチャクチャになったりして、個人的にはあまり好みではありませんでしたが、流行ったので。

 

       
  • Van Halen "Panama" 1984

古参バンドですが、80年代中期はポップ路線に走って大ヒット。この曲もノリノリのポップスです。(デビッド・リー・ロスが引っ立てられていくシーンは何?)

 

       
  • Ratt  "Round and Round"  1984

LAメタルを牽引したRattの全米ヒット曲。このバンドは音がキラキラして美しい印象があります。

 

       
  • Bon Jovi  "Livin' on a Prayer"  1986

Ratt同様、ヘヴィメタ路線を爆進しながらポップチャートに大受けしたグループ。中でもこの曲が一番好きでした。富士写真フィルムのカセットテープAXIAのCMにも使われました。

 

 

集大成?

       
  • Hear N' Aid  "Stars"  1985

ライブエイドやUSAフォーアフリカと同様、アフリカ飢餓救済のためのチャリティーでハードロッカーたちが集まった曲。でもベストヒットUSAで小林克也が「順番で揉めたそうです」と言っていたのがモノ悲しかったです。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【今週の中東】2013年1/25〜1/31 #中東

【今週の中東】2013年1/25〜1/31  #中東

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【本日の道端】サンゴミズキ #花

 

珊瑚ミズキです。

サンゴミズキ(珊瑚水木) 【かぎけんWEB】

上記サイトによれば、ミズキ目ミズキ科ミズキ属シラタマミズキ種サンゴミズキ変種。(さあ、言ってみましょう!)
珊瑚のような赤い枝からの名前ですが、ちょっとこれだとまばら過ぎて迫力がないですね。
でも花でも葉でもなく、枯れ落ちたあとの冬期の枝で名前がついているなんて、珍しいのではないでしょうか。
人生、幾つになっても見せ場はあるということですね(^_^)
花は5月ごろに咲くようです。
ここからだんだん成長して行くのですね。
頑張れ、芽っこたち。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【トレーニング】1月の総括

定例の夜ラン、今日は走り出しから、自分でもびっくりするくらい足が軽くて、気持ち良く走れました。

呼吸も、3歩で吸って3歩で吐く、が維持できました。

今週2回の昼ウォーキングが良かったのでしょうか。

余力があったので少し距離を伸ばしました。

 

1月のトレーニング総括

アクティビティ:11回(ランニング9回、ウォーキング2回)

距離:38.6km

時間:4時間25分42秒

運動量:3114kcal

平均ペース:6分23秒/km(ランニング)、10分01秒/km(ウォーキング)

腹筋:2119 ー 1384 = 735回

腕立て伏せ:131 ー 0 = 131回

昼休みの筋トレ:8回

体重: 月初 79.9 kg  → 月末 78.6 kg(ベスト77.9 kg)

という感じです。頑張りました。

来月も引き続きこの調子でいきましょう。

 

(昨日から増えたのでお父さんに怒られました。)

 

お父さん体重記録帳 1.0.3(無料)
カテゴリ:ユーティリティ
販売元:SOFTBANK MOBILE Corp.(サイズ:1.8MB)
全てのバージョンの評価: 3.5(93件の評価)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »