« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

【本日の道端】シンビジュームのコサージュ #花

うちの奥さんが、小学校の卒業式用のコサージュを作る係になって、今日練習で作ってきたというので。

あくまで練習ですから。

シンビジュームとかすみ草です。

シンビジュームはもちろん綺麗ですが、脇役のかすみ草も、アップで撮ってみたら結構良いではありませんか。

娘(長女)ももうすぐ卒業かあ・・・。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ラジオ版学問ノススメ】若者よ、本屋さんに行け ー福岡伸一さんの回を聴く

ラジオ版学問ノススメ Special Editionは、私がいつも聴いているPodcastです。ラジオで放送しきれなかった秘蔵トークをたっぷりと楽しめます。Podcastは毎週火曜日に配信されています。

青山学院大学教授、生物学者の福岡伸一さんの「福岡ハカセの本棚」(メディアファクトリー新書)を踏まえたお話。(2013/1/27放送)

Contents

       
  • 本の虫 事始め ー 蝶の図鑑との出会い
  •    
  • 「マップラバー」と「マップヘイター」
  •    
  • どんな人にどんな風に読んで欲しいか
  •    
  • 「ドリトル先生」との出会い
  •    
  • 生命は「マップヘイター」だった
  •    
  • 「マップヘイター」としての読書の楽しみ
  •    
  • 「生きた本」とは
  •    
  • 子供たちへの読書のすすめ
  •    
  • 北斎展
  •    
  • ハカセの本を巡る旅のこれから

Rewords

・図鑑には世界が等間隔で並んでいる。

・遺伝子の「マップ」がすべて完成しても、生きるということのダイナミズムは何も分からなかった。

・いろんな読み方ができる、読む度に新しい発見がある本が「生きた本」

・自分の棚を見つけて欲しい。そこで意外な本に出会える。若者よ、本屋さんに行け。

Impression

「マップラバー」と聞いて、「あ、自分のことだ」と思いました。

地図を見ているのが好き。デパートに行くとまずフロアマップを見る。改札を出るとまず周辺図を見る。旅行や出張では必ず地図を入手する。年末に買う手帳は必ず鉄道地図付きのもの。カーナビは使わず地図を見ながら自分で行く。

しかし福岡先生は、分子生物学を通して、マップラバーからマップヘイターへと「大人になった」とのこと。

細胞の地図である遺伝子解読が完成した結果、細胞の性向がマップヘイター的だとわかったそうです。遺伝子という「どんな細胞にでもなれる地図」を持っていながら、実際はローカルな範囲を知っているだけで、周りを見ながら分化していく。

考えてみれば現代の人間も、Googleマップという、ある意味完全な地図を手にしているけれど、どこに行くかを決めるのはごく自分の周辺の影響だなあと思って、面白かったです。

 

Book

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【本日の道端】キャベツの仲間 #花

先日フラワーパークで見たキャベツの仲間です。

ちなみにキャベツ類はアブラナ科です。

まずはケール。

結球しないキャベツ類で、栄養価が高く青汁にして飲まれることが多いですね。

ケールの効果・効能

接写すると、サンゴみたいで意外と不思議な美しさです。

 

次はコールラビ。

カブに似てますが、カブカンランの別名もあります。

丸々と太った茎を食べます。(食べたことは・・・ないかも。)

コールラビ - Wikipedia

芽キャベツです。

かわいいですね。観賞用にもいいかも。

でも大きいものになると、120cmほどの背丈に5、60個玉がつくそうです。

メキャベツ - Wikipedia

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【本日の道端】ロウバイ #花

蝋梅です。

梅に先立って咲き出しますが、梅の仲間ではなく、ロウバイ科という独立した種類とか。

最初「老梅」だと思っていたせいか、何となく古風なイメージがあります。

花も派手じゃないし。

でも、蕾から・・・

花まで、

淡い黄色に咲き乱れて、とても賑やか。

楽しくなってしまいますね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【トレーニング】財布を忘れてウォーキングに

会社からの帰り、駅について、さあ改札と思ったら、定期入れがない!

そうだ、昼休みに筋トレやった時に、ポケットから財布やら定期入れやら一切合切出したのだった。

しかし、ここでとぼとぼと戻るのではもったいない。

どうせならトレーニングにしてしまおうということで、早足気味で歩きながら会社へ戻り、そのまま次の駅までウォーキングしました。

最初に会社を出てから50分。

あとで地図で測ってみたら、延べ4kmでした。

地図で距離測定: Google Maps

このマップ上で、歩いた道をタップしていくだけで距離が計算されます。

ウォーキング - 高精度計算サイト

こちらではカロリーを計算してくれます。

225kcal でした。

本当は今日は夜ランの日で、普段の運動量は300〜350kcal くらいなので、少し不足ですが、疲れたので今日はやめて、明日も一駅歩くことにします。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【本日の道端】枯れ木に雪 #花

 

風情ある絵になったので、一句。

 

白壁の  枯れ木彩る 雪化粧

 

お粗末でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【本日の道端】ワスレナグサ #花

忘れな草です。

こんな可憐な花が咲いていたら、彼女から「あれ、取って〜」と言われそうですが、中世ドイツのこんな云われが。

ワスレナグサ - Wikipedia

昔、騎士ルドルフは、ドナウ川の岸辺に咲くこの花を、恋人ベルタのために摘もうと岸を降りたが、誤って川の流れに飲まれてしまう。ルドルフは最後の力を尽くして花を岸に投げ、„Vergiss-mein-nicht!“(僕を忘れないで)という言葉を残して死んだ。残されたベルタはルドルフの墓にその花を供え、彼の最期の言葉を花の名にした。

でも、花序の様子から「サソリの尾」Scorpioidesという別名も持つようで、可愛らしいけどちょっと怖い花。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【iPad】Safariで見ていたページを最速でBlogsyへ持っていく7ステップ

iPad用の最強ブログ編集・投稿ツール Blogsy の便利な機能をご紹介します。
 
普通にSafariでネットを見ていて、そのサイトをBlogsyで扱いたいことってありますよね。
そんなとき、上段のURL欄をコピーしてBlogsyを起動し、内蔵ブラウザのURL欄に貼り付けて表示、なんてしていませんでしたか。
これがなんと一発でできるのです。
 

目的

Safariで見ていたページをそのまま直接Blogsyに表示させる。
 

設定方法

 

1. Blogsyの設定画面で「Blogsyのブックマークレットを作成する」をタップします。

 

2. 下のようなページがSafariで表示されます。ここにやり方が書いてあるので、わかる方はその通りにやってみてください。以下ではこの内容を解説しています。

 

3. このページをブックマークします。

 

4. このブックマークを編集状態にします。

 

5. URL欄で、先頭から "…/?" まで("Javascript" の直前まで)をカットします。これを保存して、設定完了です。

 

6. あとはSafariでお好きなページを表示し、そのまま先ほどのBlogsyブックマークを選んでタップするだけ。

 

7. すると、あ〜ら不思議!Blogsyが立ち上がって、Safariで開いていたページが表示されます。

 

えんじょい!

Blogsy 4.1.6(¥450)
カテゴリ:ソーシャルネットワーキング,ユーティリティ
販売元:Fomola(サイズ:15.6MB)
全てのバージョンの評価: 4.5(109件の評価)

 

関連記事

【iPad】Blogsyをココログで使うには: ねりまん's Life

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【トレーニング】ランニングしないと体重が・・・

ランニングは月、木、土と決めているのですが、一昨日の木曜日は家の都合で走れませんでした。

走らないと、確実に体重が微増していきます。

せっかく先週78kg台前半まで減ったのに、また79kgに戻ってしまいました。

 

それで、我慢できず(いや、別に我慢する必要はないのですが)、昼食前に走ってきました。

いつもよりひと区間遠くまで行って戻って、約27分。

走った直後に体重を測ったら、減ってました*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

秋から始めたランニングですが、最近の変化はというと、呼吸が今まで2歩で吸って2歩で吐いていたのが、3歩で吸って3歩で吐くようになってきたこと。

つまりは息が上がらなくなった、心肺機能がアップしてきたということでしょうか。

ジョギングに最適な呼吸法は?ランニング・ウォーキングでも使える初心者向きの呼吸法-SportsJapan

25分前後のランニングですが、走り始めて5分で体が暖まってきて、10分で呼吸が整ってきて、15分で汗が出てきて、20分で楽しくなってきて(ランニングハイ?)、という感じです。

トレパンのポケットにRunKeeperを起動したiPhoneを入れ、2分ごとに時間と距離を読み上げてもらっています。

1週間、1ヶ月の記録をまとめて見られるのもよいです。

1月の記録やいかに。

RunKeeper - GPS Track Running Walking Cycling 3.0.1(無料)
カテゴリ:ヘルスケア/フィットネス,スポーツ
販売元:FitnessKeeper, Inc.(サイズ:15.8MB)
全てのバージョンの評価: 4(880件の評価)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【本日の道端】 ダイアンサス・テルスター #花

「 ダイアンサス・テルスター」という札が立ててあって、撫子に似ているなあと思って調べたら、ダイアンサスは撫子のことでした。

ダイアンサス(ナデシコ) 新・花と緑の詳しい図鑑

テルスターは撫子の中でも一般的な種類のようです。

花の縁の切れ込みはあまり深くありませんね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【iPad】Blogsyをココログで使うには

iPad用のブログ投稿ツールで Blogsy というのを見つけて、これは便利そうだとダウンロードしました。

噂通り、最強ツールの予感。

特に内蔵ブラウザからのリンクコピー、Flickrからの写真の取り込みが便利。

対応ブログにココログは入っていなかったのですが、htmlが取れるので、それをコピーしてココログの投稿画面に貼り付けていました。

しかし慣れとは恐ろしいもので、次第にコピペが面倒になり、何とか直接ココログに投稿できないものかといろいろ検索してみたのですが、やり方がわかりません。

そんなときBlogsy関連のネット記事を眺めていたところ、ココログでBlogsyから投稿している人がいたのです。

Blogsyでテスト投稿: 宝の地図

どうやら設定のブログの選択で「Movable Type」というのを選ぶらしい、けどURLに何を入れればいいのかわかりません。

そこでコメント欄でお尋ねしたところ、快く教えていただけました。その方はココログフリーでしたが、私はココログプラスなので、アドバイスいただいた「ココログ 投稿用 API」で検索したら、ココログサポートの記事が挙がりました。

XML-RPC を利用してデスクトップクライアントからココログに投稿することはできる? | ノウハウ | 記事の投稿/管理 | FAQ一覧 | ココログサポートトップ:@nifty

 

ココログフリーをご利用の場合

https://app.f.cocolog-nifty.com/t/api

ベーシック・プラス・プロをご利用の場合

https://app.cocolog-nifty.com/t/api

 

おお、あった。

設定画面でMovable Type を選び、上記URLを入力。

URLの欄に、プランに応じたURLを入力。ユーザー名とパスワードは、自分のココログアカウントのものを入力。

これでサインインすると・・・

このように、ココログで運営しているサイトが取得されました!

これで記事を書いて、投稿するブログを選択して、「公開」。

で、この記事がこうして投稿されたわけです。

感動・・・*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

Blogsy 4.1.6(¥450)
カテゴリ:ソーシャルネットワーキング,ユーティリティ
販売元:Fomola(サイズ:15.6MB)
全てのバージョンの評価: 4.5(109件の評価)

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Blogsyから投稿テスト

Blogsyから投稿してみます。

見出し1

見出し2

見出し3

引用

うまくいったら改めてやり方を書きます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【ラジオ版学問ノススメ】楽しそうな方を選ぶ ー古市憲寿さんの回を聴く

ラジオ版学問ノススメ Special Editionは、私がいつも聴いているPodcastです。ラジオで放送しきれなかった秘蔵トークをたっぷりと楽しめます。Podcastは毎週火曜日に配信されています。

社会学者、古市憲寿さんの「僕たちの前途」(講談社)を踏まえたお話。(2013/1/20放送)

Contents

       
  • 本の内容紹介
  •    
  • 起業という働き方
  •    
  • 日本における起業の変遷と現状  ー「ドラえもん」に見る1970年代の起業イメージ
  •    
  • 起業に成功する人の条件  ー トランポリン
  •    
  • 若い人へは「起業などやめておいたほうがいい」
  •    
  • 今後の日本の働き方 ー 高齢化社会への対策としての女性の活用と若者への投資
  •    
  • 身の回りから変えていく
  •    
  • 現場と会議室を往復する
  •    
  • 古市さんにとってのトランポリン ー たまたま、偶然
  •    
  • 今楽しいものを選ぶ
  •    
  • 古市さんにとっての「前途」ー 見えないからこそ希望がある
  •    
  • 一番思い出に残る先生

Rewords

・終身雇用、年功序列は1970年代以降の一世代にのみ享受できた働き方。起業を特殊な事例ではなく、働き方の一スタイルとして考えれば働き方が豊かになる。

・起業するのは誰でも可能なのではなく、生まれた家庭、友人、仲間の人などの環境に恵まれないと難しい。

・日本の1億3千万をいっぺんに幸せにするのは大変でリアリティがない。それより自分の住んでいる町、地域、周りを良くしていくことを考えたらよい。それぞれが今すぐできる、身の丈にあったことをやれば良い。

・成功はパターン化できない。偶然が作用するので、先が見えないこの時代、どちらか選択をするときには楽しそうな方を選ぶ。

・見通しがきかないからこそ希望がある。自由を楽しむ。

・そんながんばらなくても意外といけることが多い。常識や価値観に過剰に縛られる必要はない。

Impression

古市憲寿さん、古風な名前とは裏腹に、完璧に新世代の人という印象です。

起業を勧めているのか止めようとしているのか、はたまた生まれが悪ければ起業は難しいとか、言っていることが乱暴で正直よくわからない・・・というのがさらっと聴いた感想だったのですが、この記事を書くためにもう一度聴き直しました。

聴きながら上のようにContentsを書き出してみると、なるほどもっともなことを言っていると思えてきました。

ただ、既存の価値観に囚われず、遠慮がないストレートな表現、意表を突く意見、スピーディーな話の展開のせいで、最初は乱暴に聴こえたのでしょう。(きっと頭が凄く良い人なのでしょう)

私のような年代(40代)だと、「今さえよければ」というのは決して褒められた考え方ではないと思います。

でも従来の努力モデルが成立しなくなっている今の時代には、古市さんのような割り切りも、生きていく術なのかも知れません。

見えないからこそ将来に不安はない、というのには驚かされました。

へえ、そういう感覚なんですね。

聴きながら「飄々」という言葉が浮かびましたが、オジサンとしては「地道」「努力」ということにもう少し拘りたい気がした今回でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【本日の道端】デージー #花

デージー

冬によく見かける、キク科のデージーです。

名前は、花の姿からDay’s Eye(日の目)が転化したとか。

和名は雛菊、延命菊、長命菊ですが、夏の暑さには弱いそうです。

ふっくらと咲いたデージーを見ていると、心も和みます。

デージー

ピンクの花もありました。

デージー

デージー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【本日の道端】ハナキリン #花

ハナキリン

花麒麟です。

まあ〜、なんて可愛らしい、だるまさんのようなホンワカした花でしょう。

思わず近寄ってしまいました。

ハナキリン


しかしよく見ると、茎がものすごいトゲです。


痛そう。(実際痛い)


お顔に似合わず、寄らば刺すぞという態度ですね。


花だけ眺めていましょう。

ハナキリン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【トレーニング】昼休みの筋トレ

昼休みに筋トレをしました。

前回先週金曜日にやったあとの筋肉痛は完全に収まっています。

今日の内容は前回と同様、

       
  • トレーニングマシンで胸筋、上腕二頭筋など上半身を2セットずつ
  •    
  • マット上でアブアイソメトリックを2セット
  •    
  • ダンベルを使ってアームカールを2セット
  •    
  • 腹筋

です。

終わったあと、1時間くらい上腕にややしびれた感じがありました。

ちょっと負荷が大きかったかも。程よい気だるさと筋肉の繊維が破れた感覚が・・・

明日また筋肉痛がビンビン来そうです。

会社での筋トレは週2回ペースで続けようと思っています。

 

あ、腹筋は毎日iPhoneアプリSitAppを使ってやっていますよ。

1回ごとにカチッ、カチッというカウント音、そして設定回数終わると「ビューン!」と鳴るのが、些細なようで意外と楽しいのです。

トレーニングというより遊び感覚でできます。

続かないという方は、ダウンロードしてみては?

365日 腹筋アプリ SitApp 5.4(無料)
カテゴリ:ヘルスケア/フィットネス,ソーシャルネットワーキング
販売元:Tee-App (by Takuma Nakagawa)(サイズ:13MB)
全てのバージョンの評価: 4(2,735件の評価)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【本日の道端】クリスマスローズ #花

クリスマスローズ

クリスマスローズです。

クリスマスの頃に咲くバラに似た花ということですが、多くは2月から3月にかけて咲くので、キリスト教の受難節もしくは四旬節(Lent レント)にちなんで、レンテンローズとも言うそうです。

しべが、先日テレビで見たダイオウイカを思わせます(・_・;

 

クリスマスローズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【情報】TBS Dig「ボーイング787」

昨日の「Dig」↓は、強制着陸以降取りざたされている「ボーイング787」についてのお話でした。

Dig         1月21日 「ボーイング787」:TBS RADIO 954kHz

ゲストは早稲田大学教授の戸崎肇さん、そして航空ジャーナリストの秋本俊二さん。

リチウムイオンバッテリーの役割

B787がバッテリーで飛んでいるわけではない。一旦飛び上がってしまうとエンジンで発電するので必要ない。バッテリーはメインエンジンをスタートさせるため、また駐機中の電気として、補助的なものとして使用する。B787ではそれが従来のニッカド電池から大容量のリチウムイオン電池になったということ。

原因の可能性

バッテリーから煙が出たと言っても、原因がバッテリー自体とは限らない。

       
  • 部品そのもの
  •    
  • 電気配線のやり方(手作業)
  •    
  • 接合の仕方
  •    
  • 全体の設計
  •    
  • 電池をパッケージにした際の問題
  •    
  • B787に搭載する時点でのトラブル

などいろいろ考えられる。

実際、エアバスA380にもすでに搭載されていて(小さいが)、こちらは問題になっていない。

B787で大容量になっているので、バッテリー自体というより、どこかの不具合による負荷が最終的にバッテリーにいった可能性もある。

B787の問題が解決するまで他の機体で代用すると言っても、パイロットや整備もその機体用に揃えられているし、運行には機体の申請が必要なので、他の機体があったからといって「今日はこちらに変える」という訳にはいかない。

などなど、興味深い話を聞くことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【本日の道端】ペーパーホワイト(水仙) #花

水仙・ペーパーホワイト

水仙の一種、ペーパーホワイトです。

ご覧のようにくっきりとした純白で、目をひきました。

紙というより、ウェディングドレスのようですね。

「日本水仙(ニホンズイセン)の特徴は真ん中にある副冠といわれる杯状の部分が黄色いことだが、このペーパーホワイトは純白である。」

水仙(スイセン)ペーパーホワイト:花の仲間調べ

花屋さんの店先だったので、接写は遠慮しました。(撮りたかったけど・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ライフ】娘のスイミング試験

土曜日は小学3年生の娘がスイミングをやっているので、いつも車で送り迎えします。

普段は送ったあと、私は一旦家に帰るのですが、昨日は認定試験の日だったので見学することにしました。

ガラス越しに見るプールでは全員同じウエアを着ているので、どの子かわかるか心配だったのですが、順番は決まっているらしく、「太ってる男の子の次だからね」と言われました。

お陰ですぐわかりました(笑)。

10人中8番目と後ろの方ということで、一人、また一人と過ぎるうちにこちらも何だか緊張してきます。

娘もドキドキしているだろうなと思いつつ見ていると、こちらを振り向くでもなく、じっと順番を待っていました。

娘の番になり、スタート。

意外とスイスイ進んで、無事25m泳ぎきりました。

向こう側のサイドから戻ってくるとき、ちらっとこちらを見たので、笑顔を返しました。

あえてこちらを見ないようにしていたんだなと、健気に思いました。

これはイケるでしょう、と出迎えたら、コーチからは「顔を上げている時間をもっととるように」と言われたそうです。

結果が出るのは一週間後。

楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ラジオ版学問ノススメ】ヨチヨチ歩きからサッカーを ー佐々木則夫さん、山本昌邦さんの回を聴く

ラジオ版学問ノススメ Special Editionは、私がいつも聴いているPodcastです。ラジオで放送しきれなかった秘蔵トークをたっぷりと楽しめます。Podcastは毎週火曜日に配信されています。

なでしこジャパン監督、佐々木則夫さん、サッカー解説者、山本昌邦さんの「勝つ組織」(角川oneテーマ21)を踏まえたお話。(2013/1/13放送)

ー勝てるチームを作るには。

・教えられることだけやっているのではなく、プラスアルファの、自分しかできないことをやるのが大事。(Y:山本)

・選手が自分で「こんなプレーではダメでしょ」とジャッジできることで、チームの質を高められる (S:佐々木)

ーリーダーとは。

・21世紀型のリーダーは調整型。チームというフレームの中で、個を輝かせて力を発揮させながら、全体のパワーアップにつなげる。(Y)

ー日本という組織の改善ポイントは?

・女性が「仲間」という意識になったときのパワーはすごい。これを活用すべき。(S)

・アジアには40億人いて、一番大きなマーケット。アジアの人にとって日本は憧れ。このアジアへ日本からタレントを送り出していきたい。(Y)

ーサッカーをしていると何がいい?

・片足でのコーディネーションが身につくので、後で何をやるにしても子供のベース作りには非常にいいスポーツ。よちよち歩きを始めたらすぐにサッカーを始めてほしい。(S)

・サッカーは周りを見る力、判断する力、コミュニケーション能力などが同時多面的に起きていくし、仲間がいて、心を共鳴しあえるスポーツ。(Y)

テレビでもお馴染みのお二人(同学年だそうです)がゲスト。蒲田さんの関心も手伝って、ときに相手の話を遮りながらの、熱の入ったトークでした。

佐々木監督のリーダー論は散々いろんなところで触れられているので、それ自体にあまり目新しさはありませんが、勝つ組織を作るには、明確な目標、公正な評価、柔軟な戦術が必要なのだと改めて教えられました。

私もサッカーが好きで、息子が立てるようになってすぐにボール蹴りを始めた口なので、お話を通してサッカーの奥深さがわかりましたし、先週の為末大さんもそうでしたが、こういう方たちは、自分のフィールドで勝つということに留まらず、社会の中で自分たちがどんな役割を担っていけるかを常に考えているのだなと思いました。

この国では通常「チーム日本」という意識は希薄だとも言われますけど、W杯やオリンピックの時などはすごく盛り上がりますよね。スポーツを通してみんなが「強く」なれれば素敵だなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【iPhone】ハマグリ現象とB787緊急着陸ーリチウムイオン電池?

昨日のボーイング787の緊急着陸、「原因はバッテリーか」との報道です。

【B787緊急着陸】発熱しやすい国産バッテリー原因か 専門家「墜落の恐れもある」 - MSN産経ニュース

朝日新聞デジタル:米当局がB787の運航一時見合わせ、バッテリーの安全性確認必要 - ロイターニュース - 経済・マネー

「787はバッテリーのお化け」とニュースでも言っていましたが、リチウムイオン電池の危険性が改めて浮き彫りになった格好です。

先日、私のiPhone3GSが破裂し、中のリチウムイオン電池が膨らんでいたという記事↓を書きましたが、これも原理的には同じなのでしょうか。

【iPhone】iPhone3GSが破裂!「ハマグリ現象」の顛末

Wikipedia↓を見ると、発熱・発火しやすいため、電池そのものではなく、安全機構を含めた「電池パック」として流通している、とあります。

リチウムイオン二次電池 - Wikipedia

なるほど、ノートPCなどで「バッテリーパック」と言っているのはそういう意味だったんですね。

そして先日の私の記事でAppleのサポートが「バッテリーは破裂しない」と言っていたのは、このパックの安全機構が働くという意味だったと思われます。

バッテリーパックは膨らんでも破裂しない、でも膨らんだことでiPhone本体の機構が耐えきれなくなった、ということのようです。

リチウムイオン電池、高効率で便利なのはいいですが、怖いというイメージが付いてしまいそうです。

今後も「性質ですから」で済まされるのか、どうする、携帯業界。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【本日の道端】カランコエ #花

カランコエです。

別名は色鮮やかで強いことから「紅弁慶」(ベンケイソウ科)。

日の長さが短くなると花をつけるとか。

温室で咲いていたものですが、まだポツポツ。

これだけの蕾、咲き誇ったところを見てみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ジャグリング】筋肉痛になりました(想定内)

腕と胸が筋肉痛です。

なぜ筋肉痛かというと、筋トレをしたからです。

なぜ筋トレかというと、ジャグリングのためです。

ジャグリングって、意外と体力を使うんですよ。

アンダーザレッグなんかやった日にはかなりへばりますし、無駄のない安定したフォームを維持するためには、体の柔軟性と筋力が必要です。

こちら↓のサイトにはジャグリングのための筋トレ方法が載っています。

mascaretがジャグリングをがんばって考えるブログ :筋力トレーニング

これまでは減量のためのランニングと、腹筋くらいしかやっていなかったのですが、幸い私の勤める会社には、ジムにおいてあるようなトレーニングマシン、マット、ダンベル、ルームランナーなんかが置いてあるのです。

昨日の昼休みに、マシンを軽くいなしてみた結果、無事に今日は筋肉痛というわけです。

あと、マットで腹筋をしていたら、常連の人から「それじゃ腰を痛めますよ」とアドバイスももらいました。

仰向けから直角に上体を起こすやり方は腰を痛めるので、膝を曲げ、首を丸めて上体を床から少し浮かすくらいで良いとか。

何も知らずにやってました・・・。よく今まで無事でしたね。

逆にからだを痛めては元も子もないので、少し調べてからやろうと思います。

筋トレって地味だし、今まで続いたことはないのですが、今度はジャグリングという明確な目的があるので、続けられそうな気がします。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【本日の道端】スイートアリッサム(2) #花

スイートアリッサムです。
小さな花が密集して咲いているのが実に可愛らしいです。
去年11月の投稿【本日の道端】スイートアリッサム と比べると、満開という感じです。
芳香もあるようなんですが、嗅ぎ逃しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ライフ】雪道に思う

今朝は、滑らないように足元を気にしながらの通勤でした。

安心して歩ける部分は、誰かが雪かきをしてくれたから。

自分の力で歩いているようでも、決してそうではない。

人生も同じですね。

カメラロール-762

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ジャグリング】ミルズメス、一応完成

やっと、ミルズメスを一通りできるようになりました。

ミルズメスの習得方法は幾通りかありますが、私の場合、ウィンドミルができていたので、そこから始めることにしました。

ウィンドミルを左右交互にやればミルズメス、ということを頭ではわかっていても、どうやって方向を変えたらいいのかがわからない。

でも始めからウィンドミル×2と考えるから難しいので、1投ずつ加えていけばよいのでした。

詳しくはこちらのサイト↓

Going One Way :ミルズメス

3投まで右向き、その後4投目を左にヒョイっと変えることができたとき、「見えた」気がしました。

あとは5投、6投と積み重ねていき、とうとう7投目ができ、これでめでたく1周できたことになります。

1周したときは、そりゃあ感激もんでした。

スティーブ・ミルズからメールももらっているのですから尚更です。

ミルズメスは、これまでのどの技とも違う感じがします。

やっていると腕が「楽しい」と喜ぶのです。

また非常に多彩なバリエーション持つ技でもあります。

苦節7ヶ月、やっとここまで来ました。

こんなオジサンでも、コツコツ積み重ねれば、できるんですね。

もちろん今年のジャグリング目標の1、「ミルズメスを美しく完成させる」にはまだまだ及びません。

ボールが追いかけっこをするような、流れるようなミルズメスを目指して、練習は続きます。

 

関連記事

【ジャグリング】ミルズメス

【ジャグリング】ミルズメス 2 :スティーブ・ミルズからメールの返事が来た

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【本日の道端】プリムラ・マラコイデス #花

プリムラ・マラコイデス

早春の花、プリムラ・マラコイデスの蕾です。

西洋サクラソウともいい、ピンクの花をたくさん咲かせるようです。

楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ジャグリング】ミルズメス 2 :スティーブ・ミルズからメールの返事が来た

先週はミルズメスの練習に励んでいたのですが、この技の考案者であるスティーブ・ミルズをスティーブ・ミルズ - Wikipediaで調べてみたら、ミルズ家のサイトが載っていたので覗いてみました。

The Dazzling Mills Family

ジャグリングのみならず、一輪車などのパフォーマンスを家族で披露しているようです。

そして、「クリスチャンのイベント」という項目が。

もしやこの人クリスチャン?と思って読むと、「主(神)と関連した私たちの人生の個人的な証じと、クリスチャン一家の一流のエンタテイメントを含むプログラム」とあるではありませんか。

一気に親近感を持った私は、その日のうちにメールを出しました。

「ジャグリング初心者です。今ミルズメスを練習しています。あなたがクリスチャンだと知って、練習のモチベーションが上がりました。素晴らしい技をありがとう。」

ってなことを書いて、出したら、30分もしないうちに返事が!

私信なので詳細は書きませんが、ジャグリングがbodyとmindにgoodなこと、ミルズメスを気に入ってくれて嬉しい、そしてクリスチャンとしてのスピリットについて書いてありました。

ミルズメスの考案者から直接メールをもらうとは感激です。

そしてスティーブ(なんて気軽に呼んでしまいますが)は、このサイトを紹介してくれました。

スティーブによるミルズメス専門サイトです。

Steve Mills' Mills Mess site

ここにはミルズメスのチュートリアルや応用パターンなどが載っています。

ミルズメス考案者自らレクチャー

http://youtu.be/MkcvV9wwYvw

 

ミルズメス応用パターン101

http://youtu.be/4W7UL052zvI

 

・・・ジャグリングって、深い。

そして、私もミルズメス習得間近です。

 

関連ページ

【ジャグリング】ミルズメス

【ジャグリング】ミルズメス 一応完成

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【今週の中東】2013年1/4〜1/10 #中東

【今週の中東】2013年1/4〜1/10  #中東

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【本日の道端】カンツバキ #花

山茶花か椿のどっちだろうと思って調べたところ、

・山茶花は花びらが1枚ずつ散り、椿は花ごとボトっと落ちる

・椿は雄しべが筒状になる

ということで、辺りにいくつか花びらが散っていたし、雄しべが筒状に見えないので山茶花かと思ったのですが、季節的には寒椿のほうかも。

前回の寒椿より赤くて、シャンプーの赤椿を思わせます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【iPhone】iPhone3GSが破裂!「ハマグリ現象」の顛末

私がiPhoneを初めて手にしたのは3年前の2010年1月。3GSでした。4Sに機種変更して、電話機としての役目が終わってからは、自家用車内で音楽プレーヤーとして使っていました。

ところが先日、出かけた先で車に戻って見ると、何とこんな状態に。

iPhone破裂

一瞬、何が起きたのかわかりませんでした。

誰かが車内に侵入し、壊れたので慌てて元の場所に置いた・・・?としか考えられませんでしたが、よく考えてみるとそれもおかしな話で、車上荒らしなら、戻してくれることはないでしょう。

壊れてしまった悲しみに暮れながら、しかし同時に「なぜ?」というモヤモヤした気持ちとともに家に帰りました。

さて、家でもう一度よく観察してみると、落として壊れたにしては、本体周りに外傷がありません。しかも、見ていると「プシー」と音がして、何やら変な匂いが・・・あの、乾電池の液漏れのような・・・え、もしかしてバッテリー?と思って、割れた隙間から中を覗くと、バッテリーらしきグレーのパックが膨らんでいます。

ここでやっとバッテリーの破裂ということに思い当たり、「iPhone 破裂」で検索してみると、これとそっくりの写真がいくつも出ているではありませんか。

iPhone爆発事件とりあえずのまとめ

iPhoneハマグリ現象が続発

iPhone 3GSがバッテリー膨張により爆発する現象

iPhoneが立て続けに爆発、割れたガラス破片がユーザーの目に突き刺さる

「ハマグリ現象」という名前もついている・・・なるほど納得。しかし危ない。乗っていない時だったから良かったものの、もし操作でもしているときだったらと思うとぞっとします。

なお、記事の中には「iOSを5にアップデートしたせいかも」というものもありますが、私の3GSはiOS4のままでしたので、アップデートは関係なさそうです。

翌日Appleのサポートに電話して「iPhoneが破裂したんですが・・・」と言うと、さすがに慌てたらしく「えっ」と一瞬絶句していましたが、次の言葉が「お怪我はありませんでしたか」だったのは○。

「シニアアドバイザー」なる上級?のサポートに電話が回された後、状況を説明し、現品を引き取りに来てもらうことになりました。

「それで、これはどういう扱いになりますか」と聞いたところ、申し訳なさそうに「修理交換ということですと、6800円かかってしまうことになりますが・・・」「え、でもこういう状況ですし、当然無償交換だと思いますけど。」「はい、それはよくわかりますが、現品を拝見して、社内で結論を出させていただきます。」

ということで、ヤマトのお兄さんが来て、箱詰めして回収していきました。

ちなみに、珍しいので渡す前に会社の人に見せて回ったのですが、みんな一様に驚いたあと、「これでカネ取るなんて許されないでしょう」という反応でした。「自分もまだ3GS使ってるので不安」とか、「5にしてもらったらいいですよ」という声も聞かれました。

その後サポートから電話があり、「今回に限って」無償交換してくれることになったということでした。

説明としては、

・リチウムイオンバッテリーは経年劣化で膨張するものである。

・バッテリーが破裂することはない。→この意味を尋ねたところ、バッテリー自体は膨張はしても破裂はしない、ということだそうで、これは要するに「iPhoneが破裂している」を「バッテリーは破裂しない(膨張してるだけ)」に話をすり替えています。これには少し食い下がったのですが、「会社としてはそういう説明になります」の一点張り。これがAppleの公式見解なのでしょう。何だかモヤモヤした気分です。

・この種のバッテリーを使用した製品は、こうした性質があるものと了解して使用されるものである。

・iPhoneは通常1年間、Appleケアに申し込むと2年間は保証する。

・保証期間を過ぎれば修理交換は原則有料である。

・このような現象が発生するまでの期間は使用方法や頻度により違い、一概には言えない。

・今回お渡しするiPhone3GSの保証期間は3ヶ月である。

その上で、サポートの私的意見として、「私もいちユーザーとしてご心配、ご不安な点はよく理解できます」と言っていたのが精一杯のようでした。

他に被害があったわけではないのでアコギなことを言うつもりはないですし、他に被害はないので無償交換してもらえれば十分です。

ただ、保証3ヶ月と聞いて確認したのは、3GSが製造されていたのはかなり前だと思うので、受け取った新品がすぐダメになるのかということ。これに対しては、「使っている状態でということなので、それは大丈夫です」ということで、了解しました。

私は3GSの丸みを帯びた筐体にとても愛着があります。最近4Sから機種交換した5と比べても、やっぱりあれにはかなわないと思ってます。そういう記事を書こうとしていた矢先の、思わぬ事件でした。

今回のことで言っておきたい事は、

万一の場合にガラス破片が飛び散って怪我をしないように、保護フィルムは必ず貼っておくべし。

ガラスの保護ではなく、顔の保護のために。

※なお、今回のようにiPhoneが破損したためにシリアル番号がわからない場合、同期に使用していたiTunes上で知る事ができると教えてもらいました。(Macの場合)

iTunes>環境設定>デバイス とクリックして表示されるデバイスの一覧で、目的のデバイスの上にマウスポインタを置く(クリックしない)と、電話番号、IMEI、シリアル番号が書かれたチップが表示されます。

ちなみにWinodwsのiTunesでは「編集」メニューから「設定」と辿るようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【本日の道端】ペディランツス・ティティマロイデス #花

ペディランツス・ティティマロイデス

ペディランツス・ティティマロイデス、という低木です。

観葉植物らしいのですが、このときは花(これも花序)が咲き乱れていました。

節ごとに折れ曲がって伸びて行くという、面白い木です。

曲がっているところから花が出ているんですね。

ペディランツス・ティティマロイデス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ラジオ版学問ノススメ】 好きなことに打ち込んでー為末大さんの回を聴く

 

ラジオ版学問ノススメ Special Editionは、私がいつも聴いているPodcastです。ラジオで放送しきれなかった秘蔵トークをたっぷりと楽しめます。Podcastは毎週火曜日に配信されています。


元アスリート、為末大さんの「走りながら考える」(ダイヤモンド社)を踏まえたお話。(2013/1/6放送)

・まず試合に出てみないと、何が足りないかがわからない。そのスタイルの方が学習のスピードが速いし、本質的に自分の身になる。

・過去の成功体験が邪魔をすることがあるので、ゼロに戻る、なかったことにすることを大事にしている。

・自分自身がちゃんと胸を張れるようにしていくことが大事。シドニー五輪で転んだときはそれができなかった。

・ツイッターの人気は、自分の下り坂の競技人生が、バブル後の価値観のシフトのタイミングと一致したからかなと思う。

・今は、スポーツで社会の問題を解決していけないかと考えている。

・今の子供たちには、多様化する世の中で、自分の興味の持てること、好きなことに特化してそれを伸ばしてと言いたい。

声を聞いていて、人懐っこい人柄を感じました。
初めてのオリンピック(シドニー)で転倒したときに、走り切らなかったことがずっと心に引っかかっていて、奇しくも現役最後のレースで転倒、このときは最後まで全力で走ったというドラマのような競技人生。
そんな一見イケてない失敗を踏まえた、実直な人生論です。
人生頑張ればうまく行くというものではない、というところを、諦めではなく、自分自身の燃焼というところに視点をおいて、前向きに生きることを提案してくれています。
「スポーツで社会の問題を解決したい」と聞いたときは、何を突拍子もないことを、と思いましたが、よくよく聞いてみると、高齢化社会、地域コミュニケーション、スポーツの引退選手の雇用などが含まれていて、なかなか良いのではないかと思いました。
学校の勉強は全然できなかったけれども、好きな陸上に打ち込んだという為末さん。
我が息子もこんな好青年になってくれれば・・・と思いました(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【本日の道端】クラリンドウ #花

クラリンドウ

クラリンドウです。(リンドウとは関係ないようです。)

蝶のような花で、ガウラに似ていますが、ガウラの花先が尖っているのに対して、こちらはレンゲのように丸まっていて、優しい印象です。

花は集まって咲くようです。

クラリンドウ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ジャグリング】ミルズメス

3ボールジャグリングの一つの到達点と言ってもいい(らしい)ミルズメス。

これができれば一応、初心者マークは外すことができるという技です。

動画を見ても大変美しい技で、今年はぜひともマスターしたいと思っています。

いろいろなサイトでミルズメスの解説をみると、こんな感じです。

Wikipedia「ミルズメス」
「1960年代から1970年代初頭にアメリカ合衆国のジャグラーであるスティーブ・ミルズによって考案された。ミルズが考案した技に、自分の名と韻を踏んだ言葉を付けて名づけたことにより、以降、バークスバラッジ(Burke's Barrage)、ルーベンシュタインリベンジ(Rubenstein's Revenge)のように考案者の名前にその頭文字で始まる言葉をつけるという形式が定着した。」

Juggling教本「ミルズメス」
「ミルズメスはまさに3ボールジャグリングの王様というにふさわしい、美しく印象的なパターンです。手が交互に交差され、3つのボールが流れるような曲線を描いて追いかけあいます。その様子はまるでボールに生命がやどったかのようです。このパターンをぜひともジャグリングできるようになりたくて、ジャグリングを始めたという人もたくさんいます。」

Going One Way「 ミルズメス」
「ミルズメスは見た人に強烈なインパクトを与え、すごいと思わせるだけの力を持った技です。簡単ではありませんが誰にでも修得できることも確かです。ジャグリングを始めた人が、おそらく最初に修得する「見せる」ための技です。」

ジャグリングをやってみよう!「ミルズメス」
「ミルズメスとはミルズさんという人が考えだした不思議な技で、とても一度見ただけでは投げ方を理解することはできません!見た目にもきれいなので、三つボールジャグリングの中でも人気の高い技です。」

習得方法もいくつかのやり方があるようで、どこから始めればよいか少し迷います。

ウィンドミルの投げ方は何とかできるので、ここからやろうかと思っていたのですが、先日この動画を見つけて、ボールの動きに納得。

こちらの動画では、8の字にクロスする2個のボールと、外側をU字に動いて行くボールの組み合わせで練習する方法を紹介してくれています。

というわけで、2個のクロスから始めております。

去年6月から始めたジャグリングですが、今年2年目の目標は
・ミルズメスを美しく完成させる
・マスターした技をそれぞれ最低30回続くようにする
・人前で披露する
としようと思います。

うーん、でも披露はまだ早いかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【本日の道端】ベロペロネ #花

ベロペロネ

遅ればせながら、今年はこの花からいきましょう。

去年12月にグリーンセンターの温室で撮ったものですが、ベロペロネという、名前も形も奇妙な花です。

海老のように見えるので、和名はコエビソウ。

でも赤い花に見えるのは「花序」で、本当の花はその中から生えている白い舌のような部分だそうです。

これですね。接写すると、意外と綺麗です。

ベロペロネ

こちらは咲き始めか咲き終わりかわかりませんが、ベロっとしてます。

ベロペロネ

改めまして、今年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ランニング】職場でもランナー増殖中

仕事始めの昨日、職場で「今年から走り始めましたよ」と言う人がいました。

また、別の同僚は健康診断でダメ出しをくらってからスイミングやランニングをはじめ、2年間で15kgくらいダイエット、精悍な顔つきになっています。

一緒に昼食をとっている人も、青梅マラソンに出るためにトレーニング中。

気づいてみるとあちこちでランナーが増えていました。

昼休みに走っている人も多くいて、私も誘われたんですが、どうしようか思案中です。

普段は家で、夕食後1時間ほどたって腹がこなれてから走り出します。

朝に走ってみたこともあるのですが、この時期は寒さがこたえるのと、身体が起きていないので結構つらいことがわかり、やめました。

冬の間は、昼休みに走るのもいいかも知れないですね。

ただ、午後疲れて寝てしまわないかちょっと心配。

Medium_6056772389

photo credit: ashraful kadir via photopin cc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ライフ】武蔵国分寺公園に図書館ができるらしい

武蔵国分寺公園は、西国分寺駅から会社までの私の通勤路になっているのですが、かなり広い敷地が未整備のままでした。

そこが去年から何やら動きが出てきました。
土が掘られ、遺跡調査が始まったので、これは何かが建つ前兆だと思っていたのです。

都立多摩図書館建設予定地

すると、年が明けてこんな建築表示が。

都立多摩図書館建設予定地

おおお、図書館ができるのか・・・。
これは楽しみです。
ちなみに都の計画を見てみると、現在立川にある都立多摩図書館の一部、雑誌と青少年向け書籍が移転してくるようです。

都立多摩図書館の施設整備について 平成23年1月27日 教育庁

とは言え、完成は平成28年3月とか。
これはまた、だいぶ先の話ですね。
その頃私は50代になっているんだなあ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ改名

新年を機に、ブログ名「5時から5時まで」を、「ねりまん's Life」に変更することにした。

ブログ名を変えるのにいちいち言い訳などする必要もないのだが、正直いうと5時に起きれなくなってきたので(寒いし暗いし)、ブログ名がプレッシャーになってきたからである。

今度はより無難な名前なので、何かに特化したいと思わない限り、しばらくはこれでいけると思われる。

これまでの自分のライフスタイルを振り返ると、大体半年が1タームになっている。

半年過ぎると、そこで飽きてやめるのもあるし、続くのは次の段階に進む。

「5時から5時まで」は前者だったようだ。

暖かくなれば、また早起きできるようになるかもしれないが。

ともあれ、ブログは気楽に続けて行くつもりなので、今年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ジャグリング】3ボールジャグリング応用動画

少し高度な技を教えてくれる動画を見つけたので、便利のためにリストしておきます。

3ボールジャグリング応用 再生リスト

応用


1 hand


Mill's Mess


2 in 1 hand swap


ペンギン


Cherry Picker


Nelson's Nemesis


Rubenstein's Revenge


Under The Leg Penguin Catch


Multiplex Foot Start


3 ball routine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ラジオ版学問ノススメ】思いを引き出す問い ー山田ズーニーさんの回を聴く

ラジオ版学問ノススメ Special Editionは、私がいつも聴いているPodcastです。ラジオで放送しきれなかった秘蔵トークをたっぷりと楽しめます。Podcastは毎週火曜日に配信されています。

表現インストラクター、山田ズーニーさんの「おかんの昼ごはん 親の老いと、本当のワタシと、仕事の選択」(河出書房新社)を踏まえたお話。(2012/12/30放送)

・お叱りを覚悟で書いたが、「親の老い」について泣き場がない人たちがこんなにいたのかと思うくらい多くの反響メールが届いた。メールを読んでは号泣、読んでは号泣したあとに、もの凄く温かい感じを持った。

・親の老いの問題は、かつての子供が多人数いた時代の「孝行」というものから、悲しみを背負いつつ自分の進路をどうするか決めなければならないという大きな問題になっている。そんな時代への突破口になるような本を書きたかった。

・「思い」を引き出すには「問い」が要る。有効な細かい問いを発して自分を引き出して行くことで表現ができる。その中でも、自分の中で「引っかかっている経験」は多面的で良い問いを含んでいるので、それで表現につながる。

・「書いた」ことは「済んだ」こと。書き終わると必ずその先に進める。「解決」ではなく、「次の問い」に進むことができる。

年明けから、非常に面白い、そして有意義なお話を聞くことができました。

「表現インストラクター」というのは初耳の肩書きでしたが、山田さんの話を聞くことで、素晴らしい仕事であるとよくわかりました。

表現するというのは、特別な技能、技術ではなくて、本能的なものだということですが、「問いを立てることによって表現を引き出して行く」という話は、なるほど!と思いました。

Q&A形式の文章が書きやすいのは、問いに答えようとするプロセスと、言いたいことを表現するというプロセスが同じだからでしょう。

こうしてブログを書き綴っている私にとって、得るところの大きいお話でした。

 

今年も、この番組を応援していきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »